銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

かぎ足とは

かぎ足とは、時系列ではないチャートの一種で、その足の形がカギに似ている事からこの名前がつけられました。かぎ足は、株式相場の大きな転換点を見つける事のできる指標で、デイトレーダーなどにもよく利用されています。コンピューターでトレードする場合に、株分析ソフトの中にかぎ足が含まれている事も多くて、この指標は株トレードをする人達にとっては欠かせないものになっています。ある程度の時間が経たないと、シグナルが出ないと言う欠点はあるものの、上手く利用すれば大きく儲ける事ができる指標です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

非時系列チャートの一種であり、時間に関係なく値動きだけを記録してチャートとして示したもの。あらかじめ一定の値幅を決めておき、その幅を超えて変動したら、新たなケイ線を継ぎ足していく。

株価が上昇したら上へ線を引き、相場が反転したときはそこから横線を引いて次の行へ移り、下に線を引いていく。足の形がカギに似ていることから「かぎ足」と呼ばれる。

マーケットの大きなトレンドを把握しやすいが、ある程度の時間が経過しないと傾向がつかめないという遅行性の欠点がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

あらかじめ値幅を決めておき、その値幅以上に変動した場合に一本の折れ線グラフとして記載するチャートです。チャート分析において時間の要素を考慮しない非時系列チャートに分類されます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

カギ足は新値足、ポイントアンドフィギュアと同様、非時系列チャートで、価格の騰落を1本のラインを使用し描画します。具体的には価格上昇(下降)時はラインを上(下)に描画し、直近高値(安値)から一定率以上の下落(上昇)があった場合に、ラインを横にずらして描画します。

(出典 楽天証券ホームページ)