銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

格付とは

格付とは、格付機関が債券やその発行体、金融機関などの債務支払能力を評価し、信用力を示したものです。格付が低くなるほど債務不履行(借入金などをあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなる)に陥る可能性が高くなります。近年はその対象が、債券やその発行体である国や企業だけでなく、証券化商品などにも広がっています。2007年以降に世界的金融危機の発端となったサブプライムローンを組み入れた証券化商品が、高い格付を得ていたことから、その正確性に疑義が生じ、各国で格付会社規制が行われるきっかけとなりました。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

国や企業の発行する債券の信用力や元利金の支払い能力の安全性などを総合的に分析しランク付けしたもので、アルファベットなど分かりやすい記号で示される。

格付けは民間の格付け会社によって行われ、投資をする際、信用リスクを測る重要な指標のひとつとなる。ただし、格付け会社によって格付けに差があったり、経済状況に応じて格付けが見直されたりする場合もある。

個別の債券やその発行体の債務全体に対する評価に加え、金融機関に対する預金や保険金の支払い能力の格付け、ストラクチャードファイナンス商品(仕組債など)や投資信託についての格付けも行っている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

格付けとは、独立した第三者である格付会社が、保険会社の保険金支払いに関する確実性をアルファベットと記号・単語などで表したものです。会社の財務・収支情報、営業・経営戦略などさまざまな情報にもとづき決定されています。ただし、格付会社は複数あり、それぞれ見方が違います。このため同じ保険会社でも格付会社によっては格付けが異なる場合があります。また、同じ格付会社の格付けでも「依頼格付け」と「勝手格付け」の2種類があり、性質が異なります。なお、格付けの取得は法律で義務付けられているわけではありませんので、格付けを取得していない会社もあります。格付けは格付会社の意見であり、保険金の支払いなどについて保証を行うものではありません。また、取得した時点までの数値・情報などにもとづいたものであるため、将来的に変更される可能性があります。

(出典  (社)生命保険協会発行「生命保険会社のディスクロージャー虎の巻2007年版」)

 

債券の信用力や元利金支払いの確実性を記号で示したもので、第三者である格付会社が債券の発行体の財務状況等を分析して、発行体や各債券に対して付与します。一般に、AAA(記号は格付会社により異なります)が最高位で、BBB以上を投資適格と呼び、比較的安全性の高い債券とされます。主な格付会社には、S&P、Moody’s、Fitch、R&I、JCRなどがあります。

(出典 明治安田アセットマネジメントホームページ)

 

債券の元本の返済力や利子の支払力などを記号と数字でランク付けしたものです。格付けを行う会社を格付機関といい、格付機関によって、記号や数字の用い方は異なりますが、AAA(トリプルエー)が最上位とされ、最下位はDとなります。格付けは、随時見直されます。 
償還までの期間が同じ債券(同一通貨建ての場合)においては、格付けが高い債券ほど、利回りは低く、格付けが低い債券ほど、利回りは高くなります。

(出典 福島銀行ホームページ)

 

格付とは、企業が発行する社債(投資法人の場合、投資法人債)等の利払・償還等の債務不履行になる可能性をランクで表したもので、公正な第三者である格付機関が格付けを実施します。

(出典 産業ファンド投資法人ホームページ)

 

格付け(Rating)とは、格付会社が企業や政府などの債券発行体の債務返済能力や、発行された債券の信用度を評価し、記号や数字で表したものである。債券投資において重要な指標の1つとされ、格上げや格下げの影響によって債券価格が大きく変動することもある。
格付けは格付会社によって表記の仕方が異なるが、例として格付けの符号は信用力の大きい方から小さい方まで、AAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、Cを用いる格付会社がある。一般には、BBB以上の格付けを「投資適格格付け」、BB以下を「投機的格付け」という。投機的格付けが付与された債券は、ハイイールド債とも呼ばれる。
発行後も適宜格付けは更新され、格付け公表と同時に将来のその格付けへの見通し(アウトルック)も公表される。格上げや格下げの程度は、格付けの最小刻み幅である「ノッチ」の幅で言及されることが多い。例えば、Aから1ノッチ格上げした場合は、A+、2ノッチ格上げした場合はAA-、3ノッチ格上げした場合は、AAと表示される。
なお、投資信託のパフォーマンスに対して格付けを行う投信格付けも存在する。

(出典 みずほ証券ホームページ)

 

債務に対する信用力の度合い(利払いや元本返済の確実性)を示したものです。格付を業とする会社が、債券等の発行体(国や自治体、企業等)の財務体質、信用力、今後の方向性等を分析・評価して、数字や記号で簡潔に表します。

債券の発行体自体の格付けのほか、個々の債務(発行される個々の債券等)の格付けがあります。同じ発行体の債券であっても、利払いや返済の条件によって格付けが異なることがあります。また債券だけでなく、預金や保険などの債務支払い能力に対して付けられる格付けもあります。

投資家や融資を行なう側は、独自の調査のほかに格付けを参考に、リスクに見合った収益獲得を目指します。
資金を調達する側(発行体)は、格付けを取得することによって、財務状況に見合った条件で投資や融資を受けやすくなることを期待します。
そのため、格付けの基準が公正であること、信用力の比較がしやすいこと、などが格付会社とその格付けに求められます。

格付会社によって異なりますが、一般的に格付けの高いほうからA、B、C、Dとなり、A(シングルエー)格以上が優良、BBB(トリプルビー)格までが投資適格、BB(ダブルビー)格以下が投機的と呼ばれています。
またAA+、A1、CCC-など、プラスマイナスや数字を組み合わせることで細分化されています。
AAA(トリプルエー)が優良企業や優良国の代名詞として使われることもありますが、これは最も信用力が高い(信用リスクが小さい)ランクを示す記号として「AAA」を使う格付会社が多いためです。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

国や企業の発行する債券の信用力や元利金の支払い能力の安全性などを総合的に分析しランク付けしたもので、アルファベットなど分かりやすい記号で示される。 格付は民間の「格付機関」によって行われ、投資をする際、信用リスクを測る重要な指標のひとつとなる。ただし、格付機関によって格付に差があったり、経済状況に応じて格付けが見直されたりする場合もある。 個別の債券やその発行体の債務全体に対する評価に加え、金融機関に対する預金や保険金の支払い能力の格付、ストラクチャードファイナンス商品(仕組債など)や投資信託についての格付も行っている。

(出典 QUICKホームページ)

 

債券の信用力や元利金の支払能力の安全性などを総合的に分析してランク付けし、アルファベットなど分かりやすい記号で示されたものです。格付機関が付与します。一般にBBB格までが投資適格とされ、BB格以下になると信用リスクが高くなるとされています。

(出典 年金積立金管理運用独立行政法人ホームページ)

 

会社が発行する債券の元本償還や利払いの確実性を格付機関が判定し、簡単な記号により表示することを格付けといい、投資者はこの格付けを投資の判断材料とします。 金融庁長官から指定を受けた指定格付機関は以下の通りです。

(株)日本格付研究所(JCR)
(株)格付投資情報センター(R&I)
Standard & Poor's Tokyo(S&P)
Moody's Japan K.K
Fitch Ratings Ltd.
(格付機関についての詳細は、金融庁にてご確認ください。) 
 (出典 日本取引所グループホームページ)

 

格付とは、債券にどれくらいの価値と信用があるかを測るもので、国が発行した負債と企業が発行した負債の両方が含まれます。一般的に債務不履行となる可能性等の尺度として用いられていますが絶対的ではありません。それらの格付は分かりやすいようにランク付けされてまとめられています。ランクの区分はアルファベットによって行われ、ランクが高いほどアルファベットの先頭になります。また、債券の信用格付けにおいて一般的に、格付けの高い債券ほど利回りは低く、格付けの低い債券ほど利回りは高くなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

格付けとは信用リスクに関する意見です。S&P の格付けは、事業会社や政府、地方自治体などの発行体(以下「発行体」)の金銭債務を期日通りに全額履行する能力と意思についての S&P の意見を表したものです。
また、格付けは社債や地方債などの個別債務の信用力と、こうした債務が不履行となる相対的な可能性に関する意見も示しています。
格付けは信用リスクの評価を専門に行う格付け会社によって提供されますが、格付け会社のなかには、S&P のような国際的な格付け会社のほか、特定の地域や産業に特化した格付け会社も存在しています。
格付け会社は信用力を評価するために、それぞれの手法と独自の尺度を用いて格付け意見を公表しています。信用リスクの相対的な水準についての格付け会社の意見を表すために、「AAA」から「D」のアルファベットを用いた格付け記号で格付けを表すのが一般的です。
格付けはフォワードルッキング(先見性)な意見
S&P は格付け分析を行う上で、現在や過去の情報を評価し、将来起こりうる事象が信用力に与える影響を可能な限り評価に織り込むようにしています。たとえば債券を発行する企業に格付けを付与する場合、その信用力に影響を与える可能性のあるビジネス・サイクルを格付けに織り込むことがあります。格付け会社のフォワードルッキングな信用力に関する意見は、長期的あるいは短期的な視点から投資や事業の意思決定を行う投資家や市場参加者にとって有益であると考えられます。なお、格付けは、投資が利益を生むことや、債務不履行状態にならないことを保証するものではありません。
格付けは投資価値の指標ではない
投資家は投資判断をする際に、格付けを参考にすることがありますが、S&P の格付けは投資価値を示すものではありません。言い換えれば、格付けは証券の購入、売却あるいは保有を勧めるものでも、資産価値の評価でもありません。また投資が適切かどうかを示唆するものでもないのです。格付けは、投資判断の一つの見方である信用力についての見解です。また債務不履行の際の投資家の回収見込みを示す場合もあります。投資判断にあたって、投資家は信用力のほかに、現在のポートフォリオの構成や投資戦略、投資期間、リスク許容度、そして他の証券と比較した場合の相対的な推定価
値を考慮するでしょう。車の購入を例に取るなら、信頼性に関する評判はドライバーにとって重要ですが、
それだけが購入の判断基準ではないのと同様です。
格付けはデフォルト率の絶対的な評価ではない
将来においては予測し切れない出来事や展開もあるため、格付けを付与することはいわゆる科学ではありません。従って、S&P の格付け意見は、信用力を保証するものではなく、特定の発行体や債務が債務不履行に陥る確率を正確に示す指標でもないのです。
格付けは、信用リスクという視点から、発行体と個別債務の信用力に関する相対的な意見を一つの尺度で表したものです。
「AA」の格付けを付与された社債は、格付けが「BBB」の社債より信用力が高いと、格付け会社が判断したということにすぎません。それは「AA」の格付けの社債が債務不履行に陥らないことを保証しているものではありません。「BBB」の社債より債務不履行に陥る可能性が低いという格付け会社の意見を表しているだけなのです。

(出典 S&P グローバル・レーティング・ジャパン株式会社ホームページ)