銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

格付機関とは

「格付」とは、格付の対象となる債券等の元本、利息が約束通りに支払われる確実性の程度を、利害関係のない第三者が判断(評価)し、その結果を簡潔な記号で表示し、投資家に提供される情報。この判断(評価)を行うところが格付機関である。格付会社は、債務の返済の確実性について発行体の財務基盤の安定性や収益構造の安定性などを定性及び定量の両面から評価を行う。

代表的な格付機関としては、ムーディーズ(Moody's)、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)等がある。同じ考え方で信託銀行を含む銀行には銀行預金の支払能力格付があり、生命保険会社には保険財務力格付(保険金支払能力格付)がある。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

債券などの元本償還や利払いの確実性を分析し、アルファベットや数字など簡単な記号でランク付けする民間企業。
「格付け会社」「信用格付け会社」ともいいます。2007年に表面化したサブプライムローンに端を発した世界的な金融危機の際、信用格付けの内容が問題視されました。このため、10年の金融商品取引法改正で、独立性、公正性などの観点から、格付け会社としての体制が十分に整備された会社については金融庁に登録され、監督下に置かれることになりました。

(出典 大和証券ホームページ)

 

国や企業の発行する債券、ストラクチャードファイナンス商品(仕組債など)、投資信託などの元利金、金融機関の預金や保険金の支払い能力などについて、情報を集めて信用力を評価し、「格付け」を発表する民間企業のこと。

代表的な格付け会社には、米国のムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、日本の格付投資情報センター(R&I)や日本格付研究所(JCR)などがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

金融債務の履行能力を評価することを業務とする組織体をいう。

金融債務には、事業会社が発行する債券、国債や地方債、銀行・保険会社等が負う債務などがあるが、格付け機関は、それらが約定どおり支払われるかどうかの蓋然性を評価し、指標化して公表する。その公表される指標が「格付け」である。

債務支払いの蓋然性は、支払い能力や支払い意思、社会経済環境、債務不履行の際に予測される損失など、さまざまなリスク要素によって左右されるため、それらの評価手法や総合化の方法もさまざまである。従って、格付け機関の示す格付けは主観的なものとならざるを得ないし、格付けの結果も格付け機関ごとに異なるのは当然である。

格付け機関の大部分は、通常の会社形態で運営されており、金融商品取引法に基づいて開示制度等において利用される格付け機関として金融庁が指定している組織体(指定格付機関)は、(株)格付投資情報センター、(株)日本格付研究所、ムーディーズ・インベスターズ・サービス・インク、スタンダード・アンド・プアーズ・レーティングズ・サービシズ、フィッチレーティングスリミテッドの5社である(2008(平成20)年1月現在)。

なお、格付け機関が示す格付記号としては、信用リスクが低い順に、Aaa、Aa、A、Baa、Ba等(ムーディーズの場合)、または、AAA、AA、A、BBB、BB等(他の4社の場合)が用いられているが、これらの指標は相対的なものであり、また、その意味は必ずしも各社共通ではない。

(出典 アットホームホームページ)

 

国や企業の発行する債券などについて、「格付」を発表する民間企業のことです。
格付投資情報センター(R&I)、スタンダード&プアーズ(S&P)社、日本格付研究所(JCR)、ムーディーズ社などがその代表格です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

国や企業が発行する国債それに準ずる国や会社の信用状態に関する評価を計算して格付けをする機関のことを格付機関と言います。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

第三者的立場で債券などに格付を付与する評価機関のことです。世界的にはムーディーズ(Moody's)、S&Pグローバル・レーティング、フィッチ・レーティング(Fitch Ratings)が有名で三大格付機関とみなされています。日本の格付機関には格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)などがあります。

(出典 野村アセットマネジメントホームページ)

 

国や企業の発行する債券、ストラクチャードファイナンス商品(仕組債など)、投資信託などの元利金、金融機関の預金や保険金の支払い能力などについて、情報を集めて信用力を評価し、「格付」を発表する民間企業のこと。 代表的な格付機関には、米国のムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、日本の格付投資情報センター(R&I)や日本格付研究所(JCR)などがある。

(出典 QUICKホームページ)

 

格付会社(Rating Agency)とは、格付け業務を行い、投資家に発行体の債務返済能力や発行された債券の信用度などの情報を提供する民間の第三者機関である。

主要な格付会社としては、ムーディーズ(Moody’s Corporation)、スタンダード・アンド・プアーズ(Standard & Poor’s)、及びフィッチレーティングスリミテッド(Fitch Ratings Limited)などがあり、日本では金融庁に登録を受けた信用格付業者として、上記の3社の日本法人のほかに、日本格付研究所(JCR)、格付投資情報センター(R&I)がある。

(出典 みずほ証券ホームページ)