銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

確定年金とは

確定年金とは、年金受取人(※)の生死にかかわらず一定期間年金を受け取ることができる年金保険のことです。年金が受け取れる期間は、5年、10年、15年、20年などが一般的です。
万が一、年金受取期間中に年金受取人(※)が亡くなった場合には、遺族が残りの年金を受け取ることになります。遺族が年金を受け取るときには、年金受取人と同様に継続して年金を受け取る方法と、年金の残額を一括で受け取る方法から選ぶことができます。

※年金受取人と被保険者が同一の場合

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

年金の種類の一つで、被保険者が年金支払期間中の毎年の年金支払日に生存されているときにお支払いする種類の年金のことをいいます。年金支払期間中に被保険者が死亡された場合には、残余年金支払期間の未払年金の現価をお支払いします。

(出典 東京海上日動あんしん生命ホームページ)

 

被保険者の生死にかかわりなく、支払期間があらかじめ確定している年金のことです。第1回年金支払日以降、被保険者が生存している間、あらかじめ定められた期間、年金を支払います。支払期間中に被保険者が死亡した場合、残存期間については死亡一時金を支払います。

(出典 日本生命ホームページ)

 

確定年金とは、個人年金保険に加入した際にあらかじめ期間が定められ、被保険者の生死に関係なく受け取れる年金です。個人年金保険によって年金の受け取り方は異なります。

確定年金は、受け取れる期間が定められています。契約の内容によりますが、最短5年から、長くて15年や20年ほどです。契約時にあらかじめ期間を設定します。それ以上受け取れる個人年金保険は、終身年金となります。

契約時に受け取れる期間が決まっているので、事前に年金の計算ができるのもメリットです。同じように、決められた期間だけ受け取れる個人年金保険に、有期年金というものがあります。大きな違いは、本人が亡くなってしまった場合、支給されるかされないか、です。確定年金は本人が亡くなってしまっても、期間中は遺族が受取人となり給付されます。受け取る期間が短いと有期年金は損する可能性もありますが、確定年金はその心配がありません。掛け捨てにならない個人年金保険です。

今、個人年金保険として主流になっているのは確定年金で、様々な保険会社から売り出されていて選択肢も多く、加入しやすくなっています。公的な年金だけでは老後の資金が不安というときや、公的な年金を受け取るまでのつなぎとして加入する人が増えています。

(出典 LIFULL保険比較ホームページ)

 

個人年金保険における年金の受取方法の種類の1つです。
生死に関係なく契約時に定めた一定期間、年金が受け取れます。年金受取期間中に被保険者が死亡した場合、残りの期間に対応する年金、または一時金が支払われます。

(出典 アフラックホームページ)

 

確定年金とは年金保険契約における支払い方法のひとつです。契約上で年金支払い期日に指定された日から決まった年数の間、年金の支払いを受けることが出来、保険契約者の生死により保険金額が増減することはありません。年金としての貯蓄性だけでなく、保障性も兼ね備えているため万が一のための死亡保障の代わりとすることもできます。年金保険の支払い方法には確定年金の他に契約者が死亡するまで年金を受けとることのできる終身年金などがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)