銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

貸株とは

信用取引において、証券会社が売方顧客に対して貸し付ける株式のこと。

通常、証券会社は証券金融会社からその売付株式を借り入れ、顧客にその株式を貸し付けることが多い。
この方法で必要な株式の全部が調達できなければ不足する株式を金融機関など外部から調達する。このように株式が調達される市場を貸株市場という。

なお、貸借取引で証券会社が証券金融会社から借り入れた株式の売却代金は、証券金融会社に担保として預託される。これを貸株代り金という。また、貸借取引で証券金融会社が証券会社に貸し付けている株式の総額を貸株残高という。貸株残高は銘柄ごとに毎日発表され、その増減状況は株価材料の一つとされている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

信用取引で株を売建(空売り)したい投資家に証券会社が貸す株式のことです。信用取引では多くの場合、買い方は融資を受け、売り方は証券金融会社から株式を借りて取引を行います。買い方は融資を受けているので金利支払いが発生し、売り方は借りた株式に対する「貸株料」を支払うことになります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

信用取引をする際に、証券会社が売方顧客に対して貸す株式のことです。信用取引には、空売りという売方を主体として取引方法があるため、証券会社はそのための株を市場から集めなくてはいけません。基本的に証券会社は、証券金融会社から株を借りてその株を売方顧客に貸すことになるため、証券会社そのものが全ての貸株を管理しているというわけではありません。貸株の増減は毎日発表されることになるため、それが株式購入の判断材料にもなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)