銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

貸株超過銘柄とは

貸借取引、貸借銘柄の中で、信用買いの買い建て株である融資株数よりも、信用売りの売り建て株である貸株株数の方が多くなった銘柄のことを、貸株超過銘柄といいます。これに該当した場合、証券金融会社は貸借取引において、不足株数を機関投資家から入札形式で調達することになるのが一般的です。その入札により決定した金額が品貸料です。品貸料は、調達できた株式のうち、最も高い利率のものを採用することになります。なお、銘柄別の貸株超過銘柄の公表は、証券金融会社が日々行っています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

貸借銘柄のなかで、融資株数(買い建て株)よりも貸株株数(売り建て株)が多くなった銘柄のことをさす。

(出典 野村證券ホームページ)

 

貸株残高が融資残高を上回った銘柄のこと。「株不足銘柄」ともいう。証券金融会社は、貸借申込み終了後に生じた貸株超過銘柄および超過株数を公表し、追加申込み(前日の申込みの取消しを含む)を受付けて、超過株数の減少を図ると同時に、株券調達のための品貸し申込みを受付ける。

(出典 日本証券金融ホームページ)

 

貸借銘柄のなかで、融資株数(買い建て株)よりも貸株株数(売り建て株)が多くなった銘柄のことをさす。

(出典 QUICKホームページ)