銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

貸出支援基金とは

金融緩和効果を一段と浸透させデフレ脱却の道筋をつける措置として、企業の資金需要の増加を促すことを目的に、日銀が2010年から運用を開始した基金。「成長基盤強化を支援するための資金供給」および「貸出増加を支援するための資金供給」の枠組みの下、日銀が金融機関の投融資を支援するため低利で貸付けを行う。

平成29年9月現在、金融機関への貸付期間は原則4年以内で貸出金利は0%。貸付受付期限は平成30年3月末となっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

貸出支援基金というのは、企業の資金需要の増加を促す事を目的に作られたもので、金融緩和効果をより浸透させることで、デフレ脱却の道筋をつける処置のことです。この基金は、日銀が2010年から制度の運用を開始しました。経済成長が見込める分野への融資や投資を行った金融機関に向けて、低利で長期間の資金を提供するものと、貸出残高を増やした金融機関に向けて、増額分に対し低利で長期間の資金を供給する2つの枠組みがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)