銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

カストディアンとは

投資家に代わって有価証券の保管・管理などの業務を行う金融機関のこと。
国内の投資家が海外の有価証券を購入する場合、現地のカストディアンと契約し、当該有価証券の保管・管理だけでなく、元利金・配当金の代理受領や運用成績の管理、議決権行使などを広範囲に委託することが一般的となっています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

外国の有価証券に投資する場合、現地の有価証券は現地で保管したほうが都合のよいことがあります。そうした場合には、受託者(信託銀行)は現地の金融機関と契約を結び、保管や元利金の受領などをしてもらうことになります。こうした金融機関をカストディアンといいます。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

英語表記はCustodian。投資家のために証券を保護預りする保管機関のこと。
例えば、日本で外国証券を購入した場合に、その証券そのものを日本に持ってくるわけではなく、現地の保管機関に預かってもらう。

カストディアンの役割は、証券の保管業務だけではなく、元利金・配当金の代理受領、預り運用資産の受渡し決済、運用成績の管理など広範囲に及ぶ。

欧州の主要な機関として、クリアストリームとユーロクリアがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株主(投資家)に代わって有価証券の管理業務を行う機関。証券を保管するだけでなく、売買取引の決済、金利や配当金の受領や、議決権の行使なども行う。海外の投資家が日本株を買う場合、そのほとんどがカストディアンを利用するため、大株主の上位にはカストディアンの名前が出ることが多い。

(出典 野村インベスター・リレーションズホームページ)

 

英語名はCustodianと書きます。投資家の代わりに株式投資や債券などの、価値をもった証券である有価証券を管理をする金融機関のことをカストディアンと言います。これには、複数の国の有価証券の管理をするグローバルカストディアンと、自国のみの有価証券を取り扱うサブカストディアンに分類されます。国内の投資家が海外の有価証券を購入する場合、現物の有価証券を取り寄せて管理することは難しいため、現地の金融機関に委託契約を結びます。

(出典 東海東京証券ホームページ)