銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

CAC40指数とは

フランスの代表的な株価指数。ユーロネクスト・パリに上場する銘柄の中から、時価総額上位で出来高の大きい40銘柄で構成される。CACとは「Compagnie des Agents de Change(旧証券取引所公認仲介業者組合)」の略。浮動株調整後の時価総額加重型の指数で、構成銘柄の見直しは四半期に1度。1987年12月31日時点における株価の平均値を基準値(1000)と定めている。 単位はユーロ。 指数全体に占める1銘柄のウエイトは15%以内と上限が定められている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ユーロネクスト・パリに上場する40銘柄で構成される調整時価総額加重平均指数です。1987年12月31日の株価を基準値1,000として算出されています。フランスの代表的な指数であるとともに、欧州においてドイツのDAX指数やイギリスのFTSE100と並ぶ注目度の高い指標です。世界的に有名な企業では、化粧品会社のロレアルや自動車のルノーなどが入っています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

代表的な株価指数のひとつで、ユーロネクスト・パリ(旧フランス証券取引所)に上場している銘柄の中から、時価総額や出来高から選定された40銘柄で構成された株価指数。時価総額加重平均型の指数で、1987年12月31日を基準値(1000)としています。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

CAC40指数は、NYSEユーロネクストが運営するユーロネクスト・パリ(旧パリ証券取引所)の上場銘柄のうち、時価総額や出来高が大きく、代表的業種に属する40銘柄を選出して作成しています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

代表的な株価指数のひとつで、ユーロネクスト・パリ(旧フランス証券取引所)に上場している銘柄の中から、時価総額や出来高から選定された40銘柄で構成された株価指数。
時価総額加重平均型の指数で、1987年12月31日を基準値(1000)としています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

CAC40指数とは株価指数のひとつです。CAC40指数のCACはCompagnie des Agents de Changeの略称でかつての仲介業者の名称が用いられています。パリにあるユーロネクスト・パリと呼ばれるヨーロッパを中心に展開する証券取引所に上場する株式銘柄の時価総額上位40銘柄で構成される指数です。1987円の12月31日の株価を基準として時価総額加重平均で計算されています。構成される銘柄は四半期に一度見直しがされる仕組みとなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)