銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

カバードプットとは

オプション取引を利用した投資手法のひとつで、原資産の売りと、その原資産のプットオプションの売りポジションをとる戦略のこと。
「カバードプット戦略」ともいいます。売りから入るため原資産は先物がほとんどで、原資産が先行き横ばいか下落する(売却したプットオプションの原資産が権利行使価格を超えない水準で推移する)と予想される場合に有効な戦略とされています。
⇔カバードコール

(出典 大和証券ホームページ)

 

カバードプットとは、現物株式や商品などの価格に応じて変動するカバードワラントにおいて、下げ相場で利益を出せる投資戦略です。カバードワラントとは、一定期間後の価格が設定された額より上か下かによって利益を出せるオプションです。そして相場が下がると見込むのであれば、カバードプットを購入することになります。現物株式などのヘッジ投資として利用されることも多いものとなり、証券会社によって扱う種類も変わるものとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)