銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株価指数とは

株価指数とは、取引所全体や特定の銘柄群の株価の動きを表すものです。株価指数はある時点の株価を基準に増減で表します。これによって時系列で見た場合に、連続性を保ちながら、対象とする取引所などの株価の動きを長期的に評価することができます。日本の代表的な株価指数としては、日経225(日経平均株価)やTOPIX(東証株価指数)などがあります。また、2014年1月6日より、東証400銘柄で構成される新しい株価指数「JPX日経インデックス400」が登場しています。株価指数は株式取引の指標として用いられるだけでなく、投資信託のベンチマークや、先物取引やオプション取引の際の原資産としても用いられています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

株式市場全体あるいは特定の銘柄グループの株価の値動きを、ある時点を基準に一定の計算方法で指数化したもの。世界中の株式市場等で、様々な株価指数を毎営業日ごとに算出・公表しており、各国の株式市場あるいは銘柄グループ全体の値動きについて比較したり、時間的な推移を把握したりすることができる。

株価指標の一つとして利用されるだけでなく、投資信託や年金運用のベンチマーク、指数に連動する上場投資信託(ETF)、先物取引やオプション取引などの原資産としても利用されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式市場全体の状況を示すために、個々の株式の価格を一定の計算方法で総合し数値化したものです。計算方法は、単純平均、ダウ式平均、加重平均などの方法があり、対象とする銘柄は、市場毎の全銘柄、全市場の銘柄から時価総額や流動性などの基準で一定数の銘柄を集めたもの、業種やセクターで分類したもの、スタイルインデックスのように株価指標や財務指標でグループ分けしたものなどがあります。さまざまな株価指数が公表されており、目的によって使い分けられています。各市場の代表的な銘柄の日々の動きを観察するためには、日経平均株価やNYダウなどのダウ式平均や単純平均の株価指数が使われ、市場全体を観察するにはTOPIX(東証株価指数)やS&P500指数などの加重平均(時価総額型)の株価指数が使われます。投資信託や年金ファンドなど機関投資家の運用評価のベンチマーク(計測指標として基準とする株価指数)としては、配当込みTOPIXやS&P500(TR)、Russell2000のようなリターンを反映した株価指数が使われます。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

取引市場全体またはある特定の銘柄グループの値動きを、ある時点を基準に一定の計算方法で算出した株式指標のことを言います。世界の株式市場で様々な株価指数を毎営業日ごとに算出しており、これによって各国の株式市場全体もしくは銘柄グループ全体の動向を把握することが出来ます。我が国の株価指数の代表的なものとしては日経225(日経平均株価)やTOPIX(東証株価指数)があります。また銀行株や鉄鋼株など特定の業種別の指数もあるので自分の興味のあるグループの指数をチェックすることも出来ます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株価指数とは、株式や債券などの市場全体の値動きを表す指標のこと。日本の代表的な株価指数としては、東京証券取引所第一部(東証一部)上場銘柄のうち、225銘柄の平均株価を指す「日経225(日経平均株価)」や、東証一部に上場された約2,000の株式銘柄を対象として指数化した「TOPIX(東証株価指数)」、東証400銘柄で構成される株価指数「JPX日経インデックス400」などがあります。

(出典 楽天証券ホームページ)