銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株価収益率とは

Price Earnings Ratioの略称で和訳は株価収益率。株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する際に利用される尺度である。時価総額÷純利益、もしくは、株価÷一株当たり利益(EPS)で算出される。例えば、株価が500円で、一株当たり利益が50円ならば、PERは10倍である。

一般的には、市場平均との比較や、その会社の過去のレンジとの比較で割高・割安を判断する場合が多い。どのくらいのPERが適当かについての基準はなく、国際比較をする場合には、マクロ的な金利水準は基より、各国の税制、企業会計の慣行などを考慮する必要がある。

なお、一株当たり利益(EPS)は純利益(単独決算は税引き利益)を発行済株式数で割って求める。以前は「自社株を含めた発行済株式数」で計算していたが、「自社株を除く発行済株式数」で計算する方法が主流になりつつある。企業の株主還元策として自社株を買い消却する動きが拡大しており、より実態に近い投資指標にするための措置である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株価を1株当たり利益(EPS)で割ったもの。
株価が割安か割高かを判断するための指標です。株価がEPSの何倍に買われているかをみるもので、「PER(Price Earnings Ratio)」とも呼ばれています。同様に割安かを判断するための指標である株価純資産倍率(PBR)とともに重要視されていますが、会計基準の違いがあるため海外企業との比較には適せず、主として国内同業他社との比較などに利用されています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

株価が利益の何倍まで買われているのかを示す指標です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株価が割安か割高かを判断するための指標。株価収益率(Price Earnings Ratio)のこと。株価が「1株当たりの当期純利益(単に1株当たり利益、1株益ともいう)」の何倍になっているかを示す指標。

解説

会社の1株当たり利益と現在の株価とを比較します。

この場合、1株当たり利益は来期以降の予想数値を使います。株価は将来の業績がどうなるかを予測して動くからです。例えば株価500円のA社の予想1株当たり利益が50円ならPERは10倍となります。1株当たり利益は、1年間の事業活動で株主に残された利益ですので、この会社が10年間同じ利益を継続すれば、毎年50円ずつ株主の資産が増えるので、株価が上昇しなくても10年で投資資金の500円を回収できることになります。一方、同じ株価500円で1株当たり利益が25円のB社のPERは20倍です。B社は投資資金の回収に20年かかることになりますので、この場合にはA社に比べB社の方が割高ということになります。このほか、個別の会社のPERを市場全体や業種全体の平均PERと比較する、あるいは個別の会社の過去のPERの推移と比較して現在の株価が割高か割安かを判断することもできます。PERの一般的な傾向としては、企業の今後の成長期待が高いほど、将来の株価上昇を期待して買いたい投資家が増えるため、その結果株価が上昇しPERは高くなります。何倍が妥当という水準を示すものではありませんので、相対的な投資尺度として活用しましょう。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

PER(Price Earnings Ratio)株価が1株当たり利益の何倍まで買われているかを表す。株価収益率が高ければ株価は割高、株価収益率が低ければ株価は割安と判断される。株価収益率(PER)=株価÷1株当たり利益(EPS)○○特需により日本企業の来期業績は大幅増収増益へ。日本株の予想株価収益率は13倍弱となり、割安感が強まっている。株価を1株当たり利益(EPS)で割って計算される株価収益率(PER)は、株価が割高か割安かを判断するうえで重要な指標で、投資では業績予想に基づく予想株価収益率(PER)が使用されます。株価収益率(PER)何倍までが適正かは、属する業種や事業内容によって大きく異なり一概に判断できません。一般的に内需や成熟産業は低く、IT・ネット・バイオなど急成長が見込まれる産業に属するモメンタム株(勢いのある株式)などは高くなる傾向があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株価収益率(PER)とは、株価が一株ごとの当期純利益の何倍まで買われているかを表すための指標である。

株価収益率は、株価を一株ごとの当期純利益で除して計算できる。

株価収益率は、株価が割安なのか割高なのかを表すための指標であり、多くの投資家が非常に重視している投資判断の一つである。

株価収益率が高いほど、利益に比べて株価が割高であることを表しており、株価収益率が低いほど、株価が低いことを表している。

株価収益率には、株価の水準を比較するための基準として、当期純利益を検討しているのである。

株価収益率を分析して、アメリカ株と日本株を比べて割安なのか割高なのかを判断できる。

これら個別の株価だけでなく、市場における株価水準に関しても比較できるため、投資判断をする際に必ず参考にすべき指標の一つといえる。

株価が上がれば株価収益率も上がり、株価が下がれば株価収益率も下がるかたちとなっている。

逆に、一株利益が大きくなれば株価収益率は小さくなり、一株利益が小さくなれば株価収益率は上がる。

(出典 マネーフォワードホームページ)