銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株価純資産倍率とは

Price Book-value Ratioの略称で和訳は株価純資産倍率。PBRは、当該企業について市場が評価した値段(時価総額)が、会計上の解散価値である純資産(株主資本)の何倍であるかを表す指標であり、株価を一株当たり純資産(BPS)で割ることで算出できる。

PBRは、分母が純資産であるため、企業の短期的な株価変動に対する投資尺度になりにくく、また、将来の利益成長力も反映しにくいため、単独の投資尺度とするには問題が多い。ただし、一般的にはPBR水準1倍が株価の下限であると考えられるため、下値を推定する上では効果がある。更に、PER(株価収益率)が異常値になった場合の補完的な尺度としても有効である。

なお、一株当たり純資産(BPS)は純資産(株主資本)を発行済株式数で割って求める。以前は「自社株を含めた発行済株式数」で計算していたが、「自社株を除く発行済株式数」で計算する方法が主流になりつつある。企業の株主還元策として自社株を買い消却する動きが拡大しており、より実態に近い投資指標にするための措置である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

PBRとはPrice Book-value Ratioの略で、株価が1株当たり純資産(BPS:Book value Per Share)の何倍まで買われているか、すなわち1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。現在の株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。PBRの数値は、低いほうが割安と判断されます。なお、PBR=1倍が株価の底値のひとつの目安(株価と資産価値が同じ)とされてきましたが、近年は長い間1倍を下回ったままの銘柄も多くなり、必ずしもPBRの1倍割れだけを底値の判断基準とすることはできなくなっています。

(出典 SMBC 日興証券ホームページ)

 

株価を1株当たり純資産(BPS)で割ったもの。
株価が割安か割高かを判断するための指標です。株価が1株当たり純資産の何倍に買われているかをみるもので、PBRが1倍のときに株価がその企業の解散価値と同じだと判断されます。「PBR(Price Book-value Ratio)」とも呼ばれています。同様に割安かを判断するための指標である株価収益率(PER)とともに重要視されています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

PBRは、当該企業について市場が評価した値段(時価総額)が、会計上の解散価値(株主資本)の何倍であるかを表す指標です。
株価を一株当たり純資産(株主資本)で割ることで算出されます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

PBRとは Book value Ratioの略で企業の1株当たりの純資産に対して株価がどのくらいの水準になっているかを表す指標です。 ① 1株当たりの純資産=純資産÷発行済株式数 ② PBR(株価純資産倍率、単位:倍)=株価/1株当たりの純資産 【見方】 1倍を基準に考えます。仮に1倍以下だと資産価値よりも低い株価となりM&A(企業の買収、合併)の対象となることもあります。また、この指標は企業の解散価値の何倍まで株価が買われているといった使われ方をすることもあります。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

株価純資産倍率(Price Book-value Ratio) のこと。株価の水準を評価するための指標の1つで、株価を1株当たり純資産で割って算出する。
PBRが1倍以上である場合、その企業の成長性が見込まれているか、貸借対照表に現れない資産があると見なされているといえる。一方、PBRが1倍を割っている場合は、その企業に成長性が見込まれていないか、資産が簿価よりも毀損していると見なされているといえる。

(出典 T&Dホールディングスホームページ)

 

PBR(Price Book-value Ratio)株価が企業の持つ資産価値の何倍まで買われているかを表す。株価純資産倍率(PBR)=株価÷1株当たり純資産(BPS)株価純資産倍率(PBR)が1倍を割っている銘柄の中から、有望企業にも関わらず、安値のまま放置されている銘柄を発掘するのが株式投資で成功するポイントだ。株価純資産倍率(PBR)は株価収益率(PER)と同じく、企業の株価が割高か割安かを判断する代表的な指標で、1株当たり純資産の何倍になっているかを表します。理論上、企業の解散価値である株価純資産倍率(PBR)=1倍(株価と1株当たり純資産が同じ)を基準とし、それ以上であれば割高、1倍以下であれば割安といえます。もし、株価純資産倍率(PBR)が1倍を割っている企業があれば、それなりの悪材料が反映されているか、市場がその適正な価値を見逃したまま放置しているかのどちらかで、後者と判断できればお買い得の銘柄となるでしょう。いずれにせよ、株価収益率(PER)など他の指標を組み合わせて割高・割安の判断をすることをお薦めします。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株価純資産倍率とは、企業の資産に対し、株価が割高か割安かを見る指標のこと。株価を1株あたりの純資産で割ることで求められる。株価純資産倍率が高いほど過大に、低いほど過小に評価されていることとなる。

(計算式)

株価純資産倍率(倍)=株価÷(純資産÷発行済株式総数)

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)