銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株券とは

株式会社の株主の地位あるいは権利を表章する有価証券。株券には、会社の商号や発行年月日などの決定事項、代表取締役の署名などが記載されている。

従来は、すべての株式会社は株券を発行しなければならなかったが、平成16年の商法改正において、例外的に株式会社が株券を発行しないこと(いわゆる「株券不発行制度」)が認められることとなった。そして、平成18年5月に施行された会社法においては、原則と例外を逆転し、原則は株券を発行する必要がなく、例外として株券を発行することができるとされた。

平成21年1月5日、上場株券が電子化され、すべての上場株券は発行されないことになった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株券とは、株式を買付で受け取ることが出来る有価証券のことを指します。これまでは全ての株式会社は株券を発行しなければなりませんでしたが、平成16年に商法改正が行われ、株券不発行制度が認められるようになりました。また平成21年度からは上場株券が電子化され、発行されないこととなったのです。一般的に証券会社を通して、「ほふり」と呼ばれる証券保管振替機構に預けるか、または特別口座で電子的に管理されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)