銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株券失効制度とは

株主が株券を喪失した場合に、喪失株券を無効にして、この株主に新しい株券を再発行するための手続きのことをいう。商法改正により、平成15年4月から施行された。
これまでは公示催告手続きに基づく除権判決を得た場合のみ、株券の再発行を請求できた。商法改正により、株券については、株券失効制度に変更された。具体的には、株主は、株券の喪失登録請求をおこない、抹消申請等がなければ、株券喪失登録日の翌日から1年を経過した日に喪失株券は無効となり、株券の再発行を請求できることとなった。なお、本制度は株券喪失登録制度ともいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株券失効制度は、またの名を「株券喪失登録制度」とも言います。この制度は、株主が万が一株券を紛失した時のために用意された救済制度です。株券を紛失した株主は、株券の「喪失登録請求」を行います。この請求を行った翌日から起算して1年が経過した日に、紛失された株券は「喪失株券」となり、紛失株主は株券の再発行を請求することができます。平成15年4月に施行された改正商法以降、現在に至るまで利用することが出来る制度です。

(出典 東海東京証券ホームページ)