銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株券不発行制度とは

株式会社であっても株券を発行しなくて良い制度を、一般に株券不発行制度という。

従来は、すべての株式会社は株券を発行しなければならなかったが、

(1)もともと小規模な株式会社では株券が発行されることは稀であったこと 
(2)上場株券については株券が大量発行される状況において券面の存在が譲渡を阻害するという問題が生じていたこと 

から、平成16年の商法改正において、株式会社においても、株券を発行しないことが認めることとなった。そして、平成18年5月に施行された会社法においては、それまで、原則は株券を発行しなければならないとされていたのを逆転し、原則は株券を発行する必要がなく、例外として株券を発行することができるとされた。

平成21年1月5日に上場株券が電子化されることになったため、すべての上場会社は株券不発行制度の利用会社となった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株券不発行制度とは、株式会社が株券を発行しないことを認める制度のことをいいます。平成16年の商法改正によって、従来は株式会社はみな株券を発行することが義務付けられていましたが、株券を発行しなくても良くなりました。その後、平成18年の会社法施行により、原則として株券は発行しなくてよいものとなり、株券の発行は例外として認められるようになりました。さらに、平成21年には上場企業の株券が電子化されたため、上場企業はすべて株券不発行制度を利用することになりました。

(出典 東海東京証券ホームページ)