銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株式会社とは

会社法で規定された会社の形態には、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4種類がある。

このうち、株式会社は、株式を発行して投資家(株主)から資金を調達し、その代金で事業活動を行う。株主は、会社に出資し株式を受け取るが、出資した金額を超えて会社の債務に対して責任を負わなくてもよい。一方、株主から会社の経営を任された経営者(取締役等)は、違法な行為、故意または重大な過失等により、会社や第三者に対して損害を生じさせた場合には、賠償する責任が生じることがある。

株式会社の場合、他の3つの形態の会社とは異なり、実際に業務に関わる経営者や社員でなくても株主になれるため、幅広く資金を調達することができる。

株式会社の実質的な経営は役員である取締役等が行うが、株主は最高意思決定期間である株主総会に参加することで、会社の意思決定に携わることができる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式会社とは、法律で定められた会社の形態の事を指します。会社側が株式を発行する事により投資家から資金源を調達します。その調達した資金を元に会社の事業活動を行います。株式会社はその会社の社員や経営者でなくても株主になれる所がメリットとなっており幅広く資金を得る事が可能です。会社の意思決定に関しては株主総会で決定しますが、実質的な経営に関しては取締役等が行い、最終的な決定は株主を交えたうえで行われます。

(出典 東海東京証券ホームページ)