銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株式市場とは

株式市場とは、発行した株を株式市場にて売買取引を行い、発行した株式を株主に購入してもらうことで、市場を介して企業が資金を調達し、発行株式購入者から得た資金で設備投資や事業への運用を行い、経済効果も得られるという仕組みを持つ市場です。株式市場では新規公開後、売り注文と買い注文の価格が合致し、互いの条件が成立することで取引が成り立つものです。市場には一部、二部、マザーズ、ジャスダックなどが存在し、各市場において企業規模や株価の動きなどの特徴の違いがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株式の「発行市場」と「流通市場」のことをさす。
企業等が資金調達をするために株式を発行し、投資家がこれに応じ資金提供をすることができる市場が「発行市場」である。
発行市場とは金融商品取引所のような具体的なマーケットをさすのではなく、抽象的なもので、証券会社が新株の発行、募集などを引き受ける機能、つまり、一般に株式が流通する前の段階のことをさす。
既に発行・流通している株式を、投資家と投資家の間で、その時々の時価で金融商品取引所で売買されることを流通市場という。売買の仲介は証券会社である。一般的に、流通市場を株式市場と呼んでいる。

(出典 野村證券ホームページ)