銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株式消却とは

株式を発行した企業が、株主総会の決議に基づいて、(取締役会設置会社の場合は、取締役会の決議にて)市場に出回っている自社の株式を自ら買い取り、消滅させることをいう。買い取った株式は、資本準備金や剰余金などを取り崩して消却する(帳簿上の存在そのものを消し去る)。資本金を取り崩した場合は減資となる。

一般に株式消却は、自己資本の減少を招き、自己資本比率の低下を表すことになる半面、上場会社の場合には、市場に出回る株式が減少することから、流通する株式の需給関係を適正な状態へと調整し、一株あたり利益(EPS)や株主資本比率(ROE)といった財務指標の向上につながることで、市場からは好感されることが多い。また、企業側にとっては、発行済み株式数の減少は、株式の配当負担の軽減ができるなどの財務上の利点がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式消却とは自社の株を自分で購入した後、株式を処分することで株式を発行しすぎた場合に市場に流れている発行部数を処理するための方法です。発行部数の数が多いのに市場にあまり株が出回っていない場合、株式消却によって処分された可能性は高いです。実体のない数なので、一時株式市場に混乱を招くこともあり企業からの説明が行われる場合と黙秘されたままの場合があります。株式消却が推測で立てられることも多いのが現状です。

(出典 東海東京証券ホームページ)