銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株式分割とは

株式分割とは、既に発行されている株式を、1株を2株、3株などに分割することを指します。整数倍に限らず、1株につき、1.5倍といったような分割が行われることもあります。
既に株式を保有している投資家には、分割された株式が割り当てられます。
株数が増えても会社の価値は変わらないので、基本的には分割された分だけ1株当たりの価格が修正されます。例えば、株価が1,000円の株式が1:2の株式分割(1株を2株に分割)をした場合、分割後の保有株数は2倍になりますが、理論上、1株の株価は500円となります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

1株をいくつかに分割し、発行済みの株式数を増やすこと。例えば、1株を2株に分割すると、各株主の持ち株数は自動的に2倍になるが、理論上、1株の価値は半分になるため、資産価値は変わらない。ただし、1株当たりの配当を据え置いたままだと、株主は増配と同じ効果が得られる。原則として、株式分割は取締役会の決議でおこなうことができる。

2001年6月の商法改正では、分割後の1単位あたりの純資産が5万円を下回ってはならないなどの規制が撤廃され、従来は認められていなかった大幅な株式分割が可能となった。株式分割により、株数が増え、また理論的に株価が引き下がることで、流動性が高まり、投資家の裾野が広がるものと期待されたのである。

しかしながら大幅な株式分割をおこなった銘柄は、株主分割の基準日(新株券を割り当てる株主を確定する日)から効力発生日(新株券が株主の手元に届く日)まで株券が品薄となり、株価が乱高下するケースが目立つようになった。このような株価の乱高下は株式市場にとって望ましいことではないため、全国の取引所は、2005年3月に5分割を超えるような大幅な株式分割の自粛を要請し、また2006年1月からは株式分割の効力発生日を基準日の翌日(それまでは基準日の約50日後であった)にまで大幅に短縮したため、株価乱高下の原因と考えられた株式分割による品薄状況を解消できることとなった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

1株の株式をいくつかに分割して、発行済みの株式数を増やすこと。1株を5株に分割すると株式数は5倍になるが、理論上、1株の価値は5分の1になる。例えば、1株1000円の株式を5株に分割すると、1株保有していた人は5株保有することになるが、権利落ち後は1株が200円(1000円の5分の1)になり、資産価値は変わらない。一般的には、株式の流動性を高めるため使われることが多い。A社は、10月1日をもって1株を5株に株式分割すると発表。分割で投資に必要な最低金額を引き下げ、株式の流動性を高め投資家層の拡大を図る。IPO(新規株式公開)してから間もない企業、1単位の株価が高い企業、株式の流動性を高めたい(高める必要がある)企業などが、株式の分割を行ないます。仮に、分割1→2であれば100株は200株に増えますが、株価や配当は2分の1になります。理論上、会社の価値=時価総額自体は不変ですが、株式分割により多くの投資家が買いやすい価格になるメリットがある上、分割前の配当を据え置く場合には好材料となります。そのため、株式分割の発表は投資家の関心事になる場合が多いのです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

すでに発行されている株式を、いくつかの株式に分割すること。資本を増加させずに発行済み株式数を増加させることから理論的には株価は下がります。しかし、既存株主の株式数も増加するため資産価値に変化はなく、逆に株価が下がることで買いやすくなり、買い手が増えるだろうとの思惑から相対的に株価を押し上げる傾向がみられます。従来は株式配当、無償交付、無償増資とも呼ばれ、法的にもそれぞれ規定が存在していましたが、1991年4月の商法改正で株式分割に統一されました。
⇔株式併合

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

1株をいくつかに分割し、投資単価を下げるとともに、発行済み株式数を増やすことを言います。たとえば、1株を3株に分割をすると、1株あたりの株価は理論的に3分の1の水準になるが、株主の保有株数が3倍に増えるので、資産価値は変わりません。資産価値には影響を与えることはなく、株式を小分けにすることで流動性が高まり、また売買単位が小さくなることで個人投資家の投資を呼び込む効果があります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株式分割とは、既発行の株式を分割して、それよりも多い数の株式にすること。各株主の保有株式数を一律・按分比例的に増加させる行為であり、会社財産には変動を生じさせない。また、株主の地位に与える影響も小さいため、株式の併合と異なり、株主総会の特別決議は必要ない。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)