銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株式無償割当てとは

株式無償割当てとは、株式分割と同様に、株主の有する株数を増加させる制度で、会社法において、新しく導入されたものである。

会社法の施行以前は、株式分割によって、ある株式を有する株主に対し、別の種類の株式を交付することが認められるかどうかが明らかではなかったところ、会社法によって、それを認める制度として導入された。したがって、株式分割は同じ株式を交付する場合のみの制度であり、株式無償割当ては別の種類の株式を交付することもできる制度と整理できる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株主に対して、保有株数に応じた一定の割合で払い込みなしに株式を交付することです。株主の有する株数が増加する点では株式分割と同様ですが、株式分割は同じ種類の株式を交付するのに対し、株式無料割当は別の種類の株式を交付することできます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株式無償割当てとは株式分割と同様に株主が持っている株式の割合に応じて株数を増加させる制度を指します。しかし割合だけで増加させるのであれば株式分割でも十分ではありますが株式分割との差別化となる要因においてどのような物が存在するかと言えばそれは異なる種類の株式を手に入れる事が可能である点にあります。異なる株式を手に入れる事が株主にとってどのようなメリットになるかと言えば株によって得られる金額を分割する事によって片方が損害を出してももう片方でカバーするというリスクを分割する事においてメリットを発生させる事が株式無償割当てを利用するメリットになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)