銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株式ロングショートとは

ロングは買い、ショートは売りを意味し、割安と評価する株を買う一方で、割高と判断される株を信用取引等で売り建てる投資手法。同一業種の割安株・割高株をペアにし、買いと売りの比重をどちらかに傾けて適用することが多く、株式相場の上げ下げに左右されずに、小幅なリターンを積み上げていく手法だが、買い銘柄が下がり、売り銘柄が値上がりすると、双方で損失が出て裏目の結果になる可能性も排除できない。ヘッジファンドの代表的運用手法の一つであり、公募の投資信託の中にも運用方針として採用されているものがある。

株式ロングショートを応用したマーケットニュートラル(市場中立型)という運用手法もある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ロング・ショート戦略とは、株式の「買い」であるロングと、「売り」であるショートを組み合わせることにより、市場変動による影響を軽減しつつ投資収益の獲得を目指す運用手法です。

(出典 スパークス・アセット・マネジメントホームページ)

 

ヘッジファンドの投資手法のひとつ。
割安とみられる銘柄を買い建てる一方、割高と判断される銘柄を売り建てて、投資対象市場全体の上昇、下落にかかわらず、投資収益の獲得を目指すものです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

株式ロングショートとは、株式が値上がり・値下がりすることで利益を得るポジション、またはその行為のことです。値上がりを期待するポジションをロングポジションと言い、割安(過小評価)な株式を買い、値上がりを待って売却し、利益を得ます。反対にショートポジションは、値下がりを期待し空売りをすることで利益を得ようとするものです。ロング・ショートは代表的な取引手法で、多くの投資家にとって基本的な戦略となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相対的に割安と思われる銘柄を買い建て(ロング・ポジション)、割高と思われる銘柄を売り建て(ショート・ポジション)するという2つのポジションを組み合わせる運用手法です。

買い建てだけの運用では、成績がベンチマーク(運用成績のモノサシとするもの)を上回っていても、相場全体が下落した状況で運用成績をプラスとするのは難しいことです。
一方、ショート(売り建て)している場合、ショート・ポジションについては安く買い戻せる状況となるので、運用成績にプラスの貢献をしていることになります。
この買い(ロング)と売り(ショート)、2つのポジションをうまく組み合わせることで、市場全体の動きに関わらずに運用成績を向上させることを狙います。

しかし、割高、割安の判断を誤り、2つのポジションをうまく組み合わせられなければ-例えばロングした資産が値下がりし、ショートした資産が値上がりするなど-、損失が拡大することもあります。
何が割高で何が割安か、見極める力が必要とされる手法といえます。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)