銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株主とは

 会社に出資(会社にお金を出すこと)した代わりに株式を受け取った人を「株主」といいます。株主になるということは、会社の持ち主になるので、会社に対して様々な権利を持つことになります。
 出資した金額に応じて、配当金や株主優待がもらえるだけでなく、会社の経営者に対して意見を言うこともできるのです。

株主の主な権利
■配当金・・・自分が持っている株式の数に応じて会社の利益の一部を配当としてもらえます。
■議決権・・・株主総会で意見を言ったり重要な決議で投票できたりします。
(例:役員の選任・解任、会社のルール変更など)
■株主優待・・・自社製品や施設利用券などがもらえます。 
※全ての会社が行っているわけではありません。

 会社の業績(成績)が上がれば、株価(株の値段)は上がります。持っている株式の株価が上がり買った時よりも高い値段で売ると利益を得ることができます。その逆で、株価が下がり損をすることもあります。株価は様々な理由で上がったり下がったりするので、将来、株価が必ず上がるという確信はありません。このように良い方向に進むか悪い方向に進むか分からないこの振れ幅のことをリスクといいます。ただし、株主の責任は、株式を買った時に出したお金の範囲内です。会社がたとえ倒産してしまった場合でも、その会社の借金を背負う必要はありません。これを「有限責任」といいます。

 もし、持っている株式をお金に換えたいと思った時、どうしたらいいのでしょうか。株主は、株式を発行した会社から直接払い戻してもらうことはできません。それは、株式は買いたい人と、売りたい人の間で売買されるものだからです。

(出典 日本取引所グループホームページ)

 

株主とは、株式会社に出資した人、または組織のことです。原則として、持ち株数に応じた権利を有します。株主(かぶぬし)には「自益権」と「共益権」の二つの権利が存在しており、自益権には業績に応じて配当がもらえる利益配当権や、会社が解散する際、会社に残った財産の分配を受ける権利などがあります。一方、共益権には、株主総会に出席して経営者に直接質問を投げかけたり、会社の重要事項の決定について投票する議決権などがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)