銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株主資本とは

貸借対照表の「純資産の部」のうち、株主資本に相当する部分の合計金額のこと。
株主が出資した「資本金」のほか、「資本準備金」「資本剰余金」「利益準備金」「利益剰余金」などで構成されます。2006年施行の会社法では、純資産から「評価・換算差額等(その他の包括利益累計額)」「新株予約権」「少数株主持ち分(非支配株主持ち分)」に相当する金額を差し引いたものと定義付けられ、株主資本は「純資産の部」のひとつの項目になりました。自己資本も似た意味合いを持ちますが、こちらは「評価・換算差額等(その他の包括利益累計額)」を含んでいる点が株主資本との違いです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

株主資本とは、株主が出資した資本と資本を使って生じた利益のことです。バランスシートでいうところの資本の部のことでもあり、自己資本ともいわれます。株主の払った資金と資本準備金と、過去の利益を貯めておいた部分の剰余金のこともまとめて株主資本といいます。創業者が会社を作る際に、株主が最初に支払う資金であり、1株当たりの利益の計算をする際に投資家が参考にする数字でもあります。株主の投じた資本からどれだけ利益を出せたのかを算出する際にも株主資本は参照されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株主が出資した「資本金」や「資本準備金」、それを使って生じた利益の「利益準備金」や「利益剰余金」のこと。

資本金だけではなく、利益準備金や剰余金も、株主等の出資者の持ち分であるという考え方に基づいている。

自己資本ともいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株主が払い込んだ資本金や資本準備金のほか、利益準備金及びその他剰余金を合算したもので、株主の持ち分とされています。「自己資本」、「純資産」ともいいます。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)