銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株主資本回転率とは

決算書の数値などを基に、経営を量的に分析する財務諸表分析の一つ。

企業が株主資本をどの程度、効率的に活用しているかを表す指標のこと。値が大きいほど、少ない株主資本で大きい売上高を獲得できたことになり、株主資本が効率的に活用されていると判断することができる。

株主資本回転率=売買高÷株主資本

(出典 野村證券ホームページ)

 

効率性分析の一指標で、株主資本の何倍の売上高があるのかを示す指標です。回転率が大きいほど、少ない株主資本で大きい売上高を獲得できていることになります。自己資本比率によって株主資本回転率は大きく異なってきます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株主資本回転率というのは財務諸表分析のひとつで、決算書の数値などを元に、経営を量的に分析する物です。企業が株主資本をどの程度効率的に活用しているかを表す指標のことで、値が大きいほど少ない株主資本で大きい売上高を獲得できたということになります。これによって、株主資本が効率的に活用されていると判断することが出来ます。株主資本回転率の導き出し方は、売買高と株主資本を割ることによって導き出すことが可能となっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)