銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株主の権利とは

株式を取得することで株主に与えられる権利のことで、剰余金分配請求権や残余財産分配請求権のように株主個人の財産的な利益に関する権利(自益権)と、株主総会における議決権のように、その行使が株主全体の利害に関する権利(共益権)に分類されます。また、1株でも行使できる単独株主権と、一定割合以上の株式を持っていないと行使できない少数株主権に分類することもできます。例えば、取締役解任請求権などは少数株主権となっていますので、一定割合以上の株式を持っていないと行使できません。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

株主が株式会社に対して持つ権利。権利確定日までに取引が成立すると株主の権利を得ることができる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株主が株式会社に対して持っている権利のことを株主の権利と言います。権利確定日までに取引が成立するとこの株主の権利を取得することができます。株主は企業に対して影響力を持ちますので、権利を持っていれば経営に関して指示をしたり拒否をしたりすることができますし、責任に関しても追求をすることが可能です。また、決算によって利益が出たときにはそれに伴う配当を得ることもでき、株式を多く持っていればいるほどその恩恵を受けることができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株主になったことで有する権利のこと。
主な株主権としては、
(1)株主総会での議決権、会社の経営に参加する権利
(2)配当金などの利益配分を受け取る権利
(3)会社の解散に際して、残った会社の資産を受け取る権利
があります。また、株主権には、権利行使の結果が個人の利益のみに関係する自益権と、権利行使の結果が株主全体の利害に影響する共益権があります。さらに共益権は、株主総会への出席権、株主代表訴訟提起権など1株(1単元株)の株主でも行使できる単独株主権と、会計帳簿閲覧請求権、株主総会招集請求権など一定割合以上の株式数を持つ株主でなければ行使できない少数株主権に分けられます。

(出典 大和証券ホームページ)