銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株主名簿とは

株式会社が、株主を把握するために作成する名簿のこと。株主の氏名、住所、保有株式数、取得年月日などが記載されています。

上場株式の場合、すべての株券が保管振替制度の下で管理されているため、日々の株主変動については振替機関等が備える振替口座簿に記録されます。会社が定めた一定の時点(基準日)の株主情報が振替機関等から発行会社に通知され、その情報が株主名簿に反映されることになります。株主名簿に記載されていないと、株主権が認められません。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

株式の発行会社が、株主を把握するために作成する決定帳簿のこと。株主の氏名、住所、保有株式数、取得年月日等が記録されている。

上場株券の場合、すべての株券が振替制度のものと管理されるため、日々の株主の変動についての情報は振替機関等が備える振替口座簿に記録される。そして、会社が定めた基準日等の一定の時点に、振替機関が振替口座簿の情報を発行会社に通知(この通知を一般に「総株主通知」という)することにより、その情報が株主名簿に反映されることになる。

上記の通り、日々の株主の変動に関する情報について発行会社は認知していないため、株主提案権や株主による取締役の行為の差止めのような、株式の一定期間の継続保有が要件となる少数株主権が行使された場合、発行会社はその要件を満たすかどうかの判断ができない。そのため、株主は、口座管理機関(主に証券会社)を経由して、振替機関に自己が要件を満たしていることを発行会社に通知すること(この通知を一般に「個別株主通知」という)を請求することができる。この請求がなされた場合、振替制度のデータベースを利用して、他の口座管理機関で保有する株式数や保有期間なども含んで発行会社に保有株式数や増減履歴が通知されるので、発行会社は少数株主権を行使する株主が要件を満たしているかどうかを判断することが可能になる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

発行会社が、株主を把握するために作成する、株主の氏名、住所、保有株式数、取得年月日等を記載した帳簿のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株主名簿とは、株式の発行会社が株主を把握するために作成する決定帳簿のことです。株主の氏名、住所、保有株式数、取得年月日等が記載されています。上場株券の場合、すべての株式が管理されているので、日々の株主の変動情報が振替口座簿に記載されます。株式を保有していても株主名簿に名前が記載されていない場合には、株主総会の出席や配当金の受け取りはできません。株主名簿に記載されるためには名義書換か保管振替制度を利用して名簿に記載される必要があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)