銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株主名簿管理人とは

株式会社からの委託を受けて、株主名簿の作成、管理、事務手続きなどを、株式会社に代わって行う者のことです。
従来の商法における名義書換代理人に相当し、平成18年5月1日に施行された新会社法によって新しく規定された用語です。証券代行機関、株式事務代行機関などとも呼ばれ、通常は信託銀行などがこれにあたります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

発行会社から、株主名簿の作成や、株券の名義書換業務を任された信託銀行、証券代行会社のことを指します。上場会社から送られてくる株主総会招集通知などの書類の送付主に「株主名簿管理人(名義書換代理人)」が記載されていますので、これらの書類で、当該銘柄の株主名簿管理人(名義書換代理人)を確認することができます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ※上記とは別の記載)

 

「株主名簿管理人」とは、株式会社に代わって株主名簿の作成及び備置きその他の株主名簿に関する事務を行う者をいう。

(出典 デロイトトーマツホームページ)

 

株式会社は実際にどのような株主がどれだけの株を持っているかを把握するため、株主の氏名や住所、保有株式数、取得年月日などが記載された名簿を作成しています。株主名簿に載っていなければ株主総会への出席や配当金の受け取りができないため、株式取得者が変わるたびに帳簿の書き換えが必要となります。株式会社から委託を受けて株主名簿の作成や株主名簿に関する事務等を株式会社に代わって行う者のことを、株主名簿管理人といいます。株主名簿管理人を置くためには、その旨を定款に定める必要があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株式会社からの委託を受けて、株主名簿の作成及び備置き、そしてその他の株主名簿に関する事務を、株式会社に代わっておこなう者のことである。平成18年5月1日に施行された会社法によって新しく規定された用語であり、従来の商法における名義書換代理人に相当する。証券代行機関、株式事務代行機関などと称されることもあり、通常、信託銀行等がこれにあたっている。
株主名簿管理人を置くには、その旨を定款に定める必要があるが、会社法施行時に名義書換代理人を置いていた場合は、これが株主名簿管理人に移行した(定款に株主名簿管理人を置く旨の定めがあるものとみなされた)。

(出典 野村證券ホームページ)