銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

株主優待とは

株主優待とは、企業が株主に対して行うプレゼントのことです。株主優待を行っている企業は現在1000社以上あり、個人株主を増やすために優待制度を新設する企業も増えています。
株主優待の内容は、自社の宣伝も兼ねて、自社製品や自社サービスの優待券や割引券などが主流ですが、お米や図書カード、地域の名産品といったものを配る企業もあります。
株主優待は、企業によっては、株主として保有する株数により、優待の内容や量が違うこともあります。最近では安定株主を増やすために、長期保有株主に対して優待内容を優遇する企業も増えています。
株主優待は配当と同様に必ず行われているものではありません。また、株主優待をもらうには、権利確定日に一定数の株式を保有している必要があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

株式会社が一定以上の株式を保有している株主に対して与える優待制度のこと。権利確定日の株主名簿に記載されている株主に、自社のサービスや製品を提供したりするもので、企業が取り組んでいる株主優遇策のひとつです。自社製品ファンの増加や個人安定株主の増加などを目的としており、投資の収益率をみる場合は、配当のほかに優待で得られるメリットも考慮する必要があります。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

企業が株主に対して、持ち株数に応じ自社製品やサービスなどを提供する制度。自社製品やサービスの知名度向上や個人株主の安定化などを目的としている。A社は、株主優待制度の新設を発表した。毎年3月末現在の株主名簿に記載された株主に、自社製品(3000円分相当)を贈呈。年間予想配当30円に加え、株主優待で魅力向上が好感される。株式投資のメリットとして個人投資家からの人気が高いのが「株主優待」です。持ち株数に応じて自社製品、各種優待割引券、ギフトカード、飲食券、買い物券などが届きます。株主優待を金額に換算して配当と合わせれば、実質利回り10%超となる場合もあります。株主優待を受けるには、優待実施企業の定める権利確定日の株主名簿に記載される必要があり、権利確定日の3営業日前までに株式を保有していることが条件となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株主に対し、株主還元策の一環として、持ち株数に応じて自社製品や優待券、回数券などを無料で配布する制度。株主優待を受け取るには、「権利確定日」に株主である必要がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株主優待とは、企業(株式会社)が株主に対して品物やサービスを提供したりする制度です。優待内容はその企業が取り扱っている自社商品や食事券、割引券、入場券、お米、図書券、割引サービスなど企業によって様々です。海外では株主優待制度はほとんどなく、日本独特のものといえます。当社に口座をお持ちのお客様は、ログイン後の銘柄詳細画面にて各企業の株主優待情報が確認できます。

株主優待は企業の任意で行われるため、業績悪化などで突然の優待変更や廃止されることもあります。2009年8月現在、株主優待制度を採用している上場企業は1000社以上にのぼります。配当は税金がかかりますが、株主優待は一般的には課税されません(優待を換金した場合は所得となり、一定額以上は課税対象と考えられています。)。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)