銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

空売りとは

手持ちの株式を売ることを「現物の売り」というのに対して、手元に持っていない株式を、信用取引などを利用して「借りて売る」ことを指します。株価が高く、これから下がることが予想されるときに空売りをして、その後予想通り株価が下落したところで買い戻して利益を得るものです。
なお、株価の下落時に空売りをする投資家が増え過ぎると、売りが売りを呼んで相場の下落に拍車がかかり、相場の混乱を招くなどの恐れがあります。そのため、上場銘柄では、直近の取引所の株価(直近公表価格)以下の値段での空売りを原則禁止するという「空売り規制」があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

株券を持たず、あるいは、持っていてもそれを使用せずに、他から借りて行う売付けをいう。

空売りは、近い将来に株価が下落すると予想し、現在の株価でいったん売りを出し、値下がりしたところで買い戻して借りた株を返す。この時の差額が利益となる。株価の下落局面でも利益を出せることがメリットとして挙げられる。また、空売りには、株価の下落を狙った投機的なものと、株価下落による所有株の損失を防ぐつなぎ売りの2種類がある。

証券金融会社は、空売りするための株式の調達が困難になった時に、外部から株式を調達する。このときに発生する株式の調達手数料(品貸料)を逆日歩といい、売り方が負担する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

空売りとは、株式の信用取引のひとつで、通常の現物株取引とは違い、今現在所有していない株式を先に売りから入り、売った価格を現在値としてお金を受け取り、あとから買いを入れてその時点で取引が完全に成立します。そのため、買戻し価格が予め売った価格より低くないといけないため、株価が下がれば利益が出て株価が上がれば損が出る、通常に逆の意味が出ます。この手法は株価が急騰した後に価格が下がるときに行われるか、株価暴落となると空売りをして大きな利益を得るという、プロによる手法であると言えます。

(出典 東海東京証券ホームページ)