銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

仮需とは

仮需とは、株式の取引で信用取引、商品先物取引、あるいは為替取引などを行う場合に、現物が必要とされない投機目的の買いのことを指しています。差金決済を行うために、仮需を用いることが多いです。現物を必要とするもののことは、実需と呼ばれます。また、現時点では現物が必要ない場合であっても、将来的な需要をあらかじめ考慮して、手当てをしておく買い物という意味でも、仮需という用語が用いられることに注意が必要です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

実際に現物を必要とするのではなく、価格の上昇や物資の不足が予想されるようなときに、投機的で短期的な利ざや狙うことが主な目的の取引のことをいいます。対義語は「実需」。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

株式取引での信用取引や商品先物取引、為替取引などでの現物を必要としない投機目的の買いのこと。対義語は「実需」。

(出典 野村證券ホームページ)

 

「仮需要」の略称。
一般的には、物価上昇や物資不足が予想されるとき、実際には需要がないにもかかわらず生じる需要のことですが、株式市場では信用取引の買い需要(信用買い、カラ買い)のことを指します。商品先物取引では投機を目的とした買いや、現在実需はないが先を見て手当てする買い物のことを仮需と呼びます。「仮需要」とも呼びます。
⇔実需

(出典 大和証券ホームページ)