銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

為替感応度とは

為替感応度とは、為替の変動に対する企業の売上高や利益がどのくらい影響したのかを示す額のことを言います。海外のディスクロージャー資料などで開示されていることが多いです。米ドルやユーロに対して円が1円動いた場合の年間に影響する目安額で表されます。業績の見通しを決める前提となっている想定為替レートとともに海外事業規模の大きい企業では特に注目されており、事業規模に比例して為替感応度も大きくなる傾向にあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

為替の変動に対する、企業の売上高、利益の影響額のこと。米ドルやユーロに対して円が1円動いた場合の年間の影響額で表す。「想定為替レート」とともに、海外事業規模の大きい企業で特に注目されることが多い。

(出典 QUICKホームページ)

 

為替感応度とは、一般に「為替レートが1円変化したときに企業の利益がどれだけ変わるか」というものです。つまり「為替相場の変動が企業の利益に与える影響」とされ、多くの上場企業が決算発表の新年度業績見通しにおいて、想定相場と為替感応度を公表しています。またマスコミやアナリストによる業績予想にも、為替相場変動分を企業の為替感応度に応じて織り込むのが常識となっています。

(出典 東京都中小企業診断士協会ホームページ)