銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

監査報酬とは

監査報酬とは投資信託のおけるコストのひとつで、投資信託の計理が公正に行われているか監査するための費用です。それは投資家が信託財産から間接的に負担する仕組みになっています。監査は投資信託ごとに受けることが義務付けられており、利害関係のない公認会計士や監査法人にはそれらの報酬が支払われます。報酬については投資信託の種類によって異なります。第三者が監査することによって公平性や透明性の確保につながるため、必要な経費といえます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

投資信託は原則決算ごとに、監査法人などから監査を受ける必要があり、その監査に要する費用。

(出典 投資信託協会ホームページ)

 

公募投資信託(ファンド)の場合、会社のように決算毎または定められた期間毎に会計監査を受けなければなりません。この会計監査に必要な費用=監査報酬は、ファンドの信託財産から支払われます。

金融商品取引法によって「貸借対照表、損益計算書その他の財務計算に関する書類で内閣府令で定めるものには、その者と特別の利害関係のない公認会計士又は監査法人の監査証明を受けなければならない。」と規定されています。公募ファンドが決算を行い、これらの財務諸表を作成した際には、法律に従い監査人による監査を受けなくてはなりません。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

投資信託に係るコストの一つで投資家が間接的に負担するもの。各投信は会計処理が適正に実施されているかどうか、公認会計士や監査法人など第三者の監査を受けることが法令で義務付けられている。監査報酬はこうした会計監査のため公認会計士などに支払う費用で信託財産から自動的に差し引かれる。投信の公正性や透明性を確保するために必要な経費ともいえる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

投資信託では、計理(基準価額の算定)が公正に行われているか監査するため、公認会計士などの有資格者による監査が義務付けられており、その会計監査のために支払われる費用です。

(出典 三菱UFJ国際投信ホームページ)

 

投資信託は、運用・運営が正しく行われているかどうか監査法人による監査を受けることが義務づけられています。監査報酬とは、投資信託が監査法人による監査を受けるための費用です。監査費用も信託報酬と同様に、毎日信託財産の中から支払われています。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

投資信託は原則決算ごとに、監査法人などから監査を受ける必要があり、その監査に要する費用です。

(出典 アセットマネジメントOneホームページ)