銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

閑散相場とは

閑散とは、商いの極端に少ない状態をいう。相場を動かす材料がなく、先行きも不透明のため様子を見る投資家が増え、売買高の減少に伴って相場の値動きも乏しくなる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

閑散相場とは、市場にほとんど注文が出されない状況を意味する言葉です。相場の方向性が掴めない状態である時や、大相場の後の一段落ついた状態である時に起こるものです。買いも売りも注文が出ないことから、ほとんど値を動かすことがない状態が続きます。また、何かしらの指標が発表される前の様子見をしている時や、大きなニュースを待っている時にも訪れることになり、その後の発表の内容によって大きく動くことはよくあるものです。

(出典 東海東京証券ホームページ)