銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

閑散に売りなしとは

大きな動きを繰り返した後、相場が上にも下にも行かず、いわば無風状態になることがある。これを保合(もちあ)いという。保合いも最初のうちは売買量が伴って、多少は相場のエネルギーも感じさせるが、次第に振幅がなくなるにつれて商いが細っていく。ついにはパッタリと株価が動かなくなる。 株価が動かなければ、売ろうにも買おうにも手の出しようがなく、したがって市場は閑古鳥が鳴くような寂しさとなる。こういう状態が長く続けばたいていの人は嫌気がさし、持ち株があれば投げ出したくなるものだ。つまり、弱気色が市場に満ちてくるわけである。そこにつけ込んで、わざと売ってくる人もあって、相場は再び下げ歩調となる。

しかし、相場自体のすう勢として下げたものではなく、いわば人為的に売り叩いた結果としての下げだから、いったん売り物が一巡すると急激に反騰することが多い。前項の“動反動”ではないが、静止しているゴムまりをギュッと踏みつけたために弾みがついたようなものである。そこで長いもちあい期間を我慢していた投資家が一斉に買って出る。売り込んだ人も買い戻すということで、思わぬ上昇相場を現出させる。「閑散に売りなし」とは、そういう状況でうっかり売り込む愚を避けることを教えたものだ。

また「大保合いは大相場」「保合い放れにつけ」という格言もあるが、これまでの説明で理解していただけよう。ただ、もちあいになる時点は、前述のような底値圏ばかりではない。高値を付けた後でもちあい状態に移る場合もある。このときは前述の逆となる。つまり局面打開の目的で買いが入るが、無理に買い上げた反動で急落しかねない。

この格言を読み取るには、上げ(高値)の後のもちあいか、下げ(安値)の後のもちあいかを見きわめる必要があろう。

徳川時代の米相場でももちあいがあり(通い相場といった)、それに対する心得を次のように説いている。

動かざるに至りて大高下のはしたるべし(もちあいは大騰落の端緒であろう)。(商家秘録)
相場二、三力月も持合う(保合う)ときは、十人が八、九人まで売り方に向くものなり。その後、きわめて上がるものなり。ただし、のぼりつめ百俵(百両につき百俵)上げくらいにて持合う米は、下げ相場と心得べし。(宗久翁秘録)
相場持合いのとき、うっかり慰みに商い仕掛けることあり。はなはだよろしからず。慎むべきなり。この商い強いて初念の思い入れを離れがたきものなり(先入感を捨て去ることが難しい)。よほど玄人ならで見切りできざるものなり。たとえば、百両売り付け候て少々上がるとき、最初踏み出しの百両分に念を残して(未練があって)買うことを忘れ、またまた売り重なる心になるなり。だんだん上がるときは、ここにて売りならす(売り値の平均を引き上げる)べしと売り込むゆえ、自然、金高なりかさみ、後々は売り返しも自由ならず、大事に及ぶなり。(同)

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

相場の低迷が続き商い(出来高)が減少して閑散になると、嫌気がさして保有銘柄を売りたい衝動に駆られることもあるが、こうした相場状況ではすでに売りが出尽くしていることも多いため、わずかな材料で相場が急反発することがある。このため、閑散状態の売りは愚策であるという相場格言。

(出典 野村證券ホームページ)

 

閑散に売りなしとは、株価が下がり横ばい状態が続き出来高が少なくなっている、いわゆる閑散相場の状態の時には、嫌気をさし保有株を売りたい衝動にかられますが、そういう時は保有株を売るものではないという格言です。閑散相場の時は、売り尽くしの状態であることが多く、その後多くの投資家が株価が下がりきったと判断し株を買いに来るために、投売りや空売りをした後に株価が急上昇することがあり得るため、閑散相場の時には次にやってくるチャンスを待った方がよいという教えなのです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場の歴史の中で語られてきた教訓や戒めとなる言葉を、簡潔にあらわしたものを相場格言といい、この言葉も相場格言の一つです。

相場が下落し低迷すると商いが減って閑散になりますが、そのようなときは相場は底値に達していることがあります。目先の売りも出尽くしていることから、何か材料があると、きっかけとなり一気に上昇相場に転じることも多いので売らないほうがいいという考えです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

閑散なときは買い物も売り物も少ないので相場も無気力で低迷することが多いが、一度活気づけば相場は高くなる。したがって、閑散なときは相場も思うように上がらないからといって短気を起こして売ってはならないということである。

(出典 野村證券ホームページ)