銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

幹事証券会社とは

幹事会社ともいう。有価証券の募集や売り出しの際、その発行者または所有者との間で締結される元引受契約の内容を確定させるための協議を行うとともに、募集・売り出しする有価証券の引受・販売等を行う。

有価証券の引受時には、円滑な販売やリスク負担を分散する目的で、複数の証券会社などがシンジケート団(シ団)を組成し、共同で引き受けることが多い。

株式公開(IPO)時には、公開企業に対し、公開前の準備作業や公開後の資金調達などについてアドバイスするとともに、関係機関との折衝調整など、多岐にわたってサポートを行う。

(出典 野村證券ホームページ)

 

幹事証券会社とは、株式公開をする際にその手続きを手伝うことによって手数料を得る証券会社のことです。株式公開が終わった後には、その会社の総務部等に対して、IRのコンサルティングを行ったり、更なる資金調達アレンジも行うことがあります。また、社債や転換社債などの有価証券を発行する際には、それらの債券の発行者と、その所有者の間で決められる規約を作ったりします。そのあとに販売される有価証券の販売も当然行います。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

幹事会社のことです。有価証券の募集や売出時に、発行会社と締結する元引受契約の内容を確定するための協議を行う会社のことです。

幹事証券会社は有価証券の発行条件や引受契約内容などを発行会社と協議し引受シンジケート団のリーダ的役割が担われます。幹事会社が複数ある場合は、主幹事、副幹事と役割が分担されます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

幹事会社とは、株式の新規上場や売出しに際して、発行する企業と証券会社との間で元引受契約をする内容を確定させる証券会社のことを指します。「幹事証券会社」ともいいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

有価証券の募集や売り出しをする際に、シンジケート団を代表して発行体と発行条件や引き受け契約内容を協議する証券会社のこと。
「幹事証券会社」ともいいます。幹事会社が複数ある場合、その主導的役割を果たす幹事会社を「主幹事」「主幹事会社」と呼びます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

幹事会社とは、有価証券の募集や売出しの際に、発行者もしくは所有者との間で締結する元引受契約の内容を決めるための協議を行い、その有価証券を引受・販売する証券会社のことである。幹事証券会社ともいう。
 加えて、株式公開に関する助言や取引所などの関係機関との折衝・調整などを行う。幹事会社が複数の場合、その中で中心的な役割を担う証券会社を「主幹事会社」という。

(出典 みずほ証券ホームページ)