銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

カントリーアロケーションとは

ある国の株式や債券などへの投資を考える場合の、その国の政治的・経済的な見地からのリスク。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国際分散投資を行う際に、国という基準で区分けした資産の投資配分のことをいいます。
カントリーアロケーションの状況により、リスク・リターン特性が異なります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

ある国の株式や債券などへの投資を考える場合の、その国の政治的・経済的な見地からのリスク。

(出典 QUICKホームページ)

 

資産配分のうち、国という区分で国際分散投資をする資産配分のことです。株式や債券など同じ資産クラスでも国によって投資のリスクや投資成果は大きく異なります。

(出典 大和住銀投信投資顧問ホームページ)

 

カントリーアロケーションとは、外貨建資産において、国際分散投資を行う場合の国別投資配分比率のことを指しています。その国に対して投資を行う場合に、政治的、経済的見地からのリスクを示しています。一般に、一定の基準を定めてファンドの国別構成比をベンチマークの国別構成比から乖離させる効果を狙います。カントリーアロケーションの設定によって、バランスの良い分散投資ができるようになり、リスク分散の効果が高まります。

(出典 東海東京証券ホームページ)