銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

カントリーファンドとは

カントリーファンドとは特定の国又は地域に対する証券投資を目的として外国で設立されたクローズドエンド型の投資信託です。 運用資金は投資家から集められ、ファンドの投資証券が発行されます。クローズドエンド型とは、投資主が解約請求等を行うことにより換金することができないタイプの投資信託を意味します。ファンドの投資主は運用益を配当として受け取るとともに、キャピタルゲインが期待できます。

(出典 日本取引所グループホームページ)

 

カントリーファンドとは、外国投資信託の一種で、特定の国・地域ごとの株式等を中心に運用しているファンドです。通常、クローズドエンド型の会社型投資信託(投資法人)として作られていますので、取引方法としては、株式市場に上場しているカントリーファンドを株式と同様に売買するかたちになります。日本の証券取引所に上場しているカントリーファンドは、近年減少傾向にあります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

東証に上場する金融商品の一つで、特定の国または地域の有価証券に集中して投資することを目的とした投資信託(クローズドエンド型の会社型投資信託)のこと。

投資家からみると、当該商品1銘柄に投資することで、投資対象国の代表的な銘柄に分散投資している形になる。

ファンドという呼称ではあるが、基準価額で換金される投資信託(契約型)とは異なり、価格は一般事業会社の株券と同様、投資者の投資判断に基づく市場での需給関係によって刻一刻と変動する。株券と同様に、指値注文・成行注文を出すことができるほか、信用取引の対象ともなっている。

上場対象は、外国で設立された証券投資法人の投資証券で、本国の金融商品取引所等に上場又は上場申請されている投資証券となっている。運用資金は投資家から集められ、ファンドの投資証券が発行される。投資家は運用益を配当として受け取れるとともに、キャピタルゲインが期待できる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

カントリーファンドとは、アジア、中南米、東欧などにある特定の国や地域の株式を集中して運用している投資信託のことです。カントリーファンドの運用資金は投資家から集めていますが、投資家のメリットとしては投資する銘柄について情報収集の手間がいらず、投資対象国全体の経済成長を見守ることができます。また投資によって配当も得られますし、キャピタルゲインが期待出来るのも大きいものです。クローズドエンド型の投資法人となっていますので、株式と同様に売買しています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

外国投信の一種で、特定の国や地域に対する証券投資を目的としたクローズドエンド型の会社型投資信託のこと。
クローズドエンド型なので中途解約ができませんが、東京証券取引所に上場しているため、株式のように売買することが可能です。

(出典 大和証券ホームページ)


特定の国や地域に投資するクローズドエンド型の会社型投資信託のことです。
主にその国の代表的な銘柄に投資を行います。 クローズドエンド型の会社型とは、投資法人を設立し、その投資法人が発行する投資口を投資家が購入するという形式をとります。また、株主が解約請求等を行うことにより換金することができないタイプの投資信託です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)