銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

機械受注とは

「機械受注統計調査」は内閣府が毎月公表している経済指標の1つで、代表的な景気の先行指標となっています。機械メーカーが受注した設備投資用の機械の受注額を集計したものです。一般に企業が増産を行うためには設備投資、すなわち機械を購入して準備しなければならないため、機械受注は、企業の実際の設備投資よりも6カ月から9カ月程度の先行性を持っています。つまり、機械受注が好調であると公表されれば、将来の企業業績にプラスの影響をもたらし、設備投資関連の銘柄だけでなく、株式市場全体、景気全体を動かす場合もあります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

代表的なマクロ経済指標の一つ。

内閣府経済社会総合研究所が月次で発表している指標で、主要機械等製造業者を対象とし、それらの企業の受注額を集計した統計。

各企業が設備投資のための機械を機械メーカーに発注する段階をとらえるので、設備投資の動向をしることができる。機械受注は、実際の設備投資より6カ月から9カ月先行する指標だといわれている。株式市場においては、特に、設備投資関連の銘柄(例えば半導体製造装置や機械等)の株価動向を考える上では重要である。

なお一般には、船舶・電力を除く民需が使用される。これは、船舶及び電力会社からの受注は、規模が大きく、かつ不規則な動きを示すことから投資意欲の実勢をうかがうには、除くことが適当であろうと考えられているからである。

(出典 大和証券ホームページ)

 

機械等を製造する企業の内、主要なものを対象とし、それらの企業の受注額を集計した統計。受注は納品や据え付けなどに先行するため、設備投資の先行きを占う指標となる。なお、一般的には、規模が大きくかつ不規則な動きを示す「船舶・電力を除く民需」を見る。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

機械受注とは、マクロ経済指標の代表的なもののひとつで、内閣府が毎月公表しており、景気の先行指標となっているものです。280の主要機械等製造業者を対象として、その企業が受注した設備投資用の機械類の受注状況を調査し、その額を集計したものです。機械受注は実際の設備投資より6ヶ月から9ヶ月の先行性があり、機械受注が好調であれば、将来の企業業績がプラスになる影響があるため、株式市場や景気を全体的に動かすこともあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

内閣府経済社会総合研究所が月次で発表している指標で、各企業が設備投資のために、機械メーカーに発注する段階での受注額を集計した数値です。実際の設備投資より6カ月から9カ月先行する指標であるとされています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)