銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

機関投資家とは

機関投資家とは、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、普通銀行、信用金庫、年金基金、共済組合、農協、政府系金融機関など、大量の資金を使って株式や債券で運用を行う大口投資家のことをいいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

法人の大口投資家のこと。一般的には「生命保険会社」「損害保険会社」「投資顧問会社」「信託銀行」「年金基金」などを指します。運用資産の規模が大きく、1回当たりの売買金額も大きいのが特徴で、比較的長期の運用を行います。通常はヘッジファンドなど短期的な法人投資家は含めません。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

顧客から拠出された資金を運用・管理する法人投資家の総称。

一般に機関投資家と呼ばれるグループをいくつか挙げると、「投資顧問会社」、「生命保険会社」、「損害保険会社」、「信託銀行」、「投資信託会社」、「年金基金」などが主なものである。

生命保険会社や損害保険会社であれば、加入者の保険料収入であり、投資信託会社であれば、投資信託を購入した人たちの提供した資金が元手になる。機関投資家は大量の資金をまとめて運用するので、市場に与える影響も大きいものがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

機関投資家とは、顧客から拠出された資金を運用、管理する法人投資家の総称のことです。具体的には、保険会社や投資信託会社、年金基金などが挙げられます。これらは、顧客から集めたお金を運用する投資先のひとつして株式を選んでいることが多く、一度に大きな額の売買をするため、市場においては非常に影響力の大きい存在です。お金を出している顧客に対して責任があるため、長期運用で明確な計画に基づき、リスク管理を徹底した運用方針をとることが多いです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

資産運用のプロで、個人等の一般投資家以外の投資家をいう。証券投資による収益を重要な収益源とする生命保険会社、信託銀行、投資信託が代表的であるが、その他に企業年金基金、農林系金融機関、損害保険会社等がある。また、簡易保険、公的年金基金(年金資金運用基金)等も含まれる。
金融商品取引法第2 条第3 項では、有価証券投資の専門知識・経験を有する者を「適格機関投資家」と定め、適格期間投資家に対して投資を募る場合、それ以外の者に譲渡されるおそれが少なければ、有価証券届出書等による情報開示を不要としている。

(出典 国交省 不動産証券化に係る用語集(50 音順))