銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

企業会計原則とは

企業会計原則とは、企業が財務諸表を作成する際に守るべき原則のことで、一般原則、貸借対照表原則、損益計算書原則の3つから成り立っている。
原則自体に法的な強制力はないが、社会的ルールとして守らなければならない。
会計監査も、同じく企業会計原則に沿って行われる。

(出典 オービックホームページ)

 

企業会計原則とは、1949年に企業会計制度対策調査会が公表した会計基準である。

企業会計の実務の中に慣習として発達したものの中から、一般に公正・妥当と認められる部分を要約することによって明文化された指針である。全ての公認会計士がこの原則に従って監査を行う。

将来において企業会計に関係ある諸法令が制定改廃される場合において、尊重されなければならないものであった。

これを基に商法、税法での企業会計の取り扱いを議論されてきたが、現在新たに会計基準の論理的根拠は主として概念フレームワークに基いており、企業会計原則は新たに設定される会計基準の根拠としてはほとんど重視されていない。

現在でも重要な意味を持つ企業会計原則だが、会計ビックバンが進み新しい会計基準が続々と制定されていく中、空文化している部分も多々存在している。

また、これから制定される会計基準は概念フレームワークを基にして制定されていくため、企業会計原則の役割は低下しつつあるのが現状である。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

企業が財務諸表を作成する際に、守るべき原則のことであり、企業会計の実務において慣習として発達したものの中から、一般に公正・妥当と認められる基準を要約したものである。昭和24年に規定された。

また、企業のみならず、公認会計士法および旧証券取引法に基づいて、公認会計士が財務諸表の監査をおこなう場合に従う基準とされ、さらに旧商法、税法、その他の会計関係法規が制定されたり、改廃される場合にも尊重される原則のこととされた。

企業会計原則は、一般原則、損益計算書原則、および貸借対照表原則からなる本文と、その実践規範としての性格をもつ注解から成り立っている。

2008年のG20ワシントン・サミットにおいて、「単一で高品質な国際基準の策定」が採択された後、国内でも国際会計基準(IFRS)の適用が進んでおり、企業会計原則は以前ほど重要視されなくなっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

企業会計原則は投資家の方がみんな注目する財務諸表において、発表する際に決められた原則のことでこの原則に則って企業会計原則は発表されます。昭和24年に制定され、そこからずっとそのルールが変わることなく続けられています。このルールを制定することによって、企業全体にとって公平な発表となり、投資家の方にも投資先の参考になるように考えて作られています。このルールのおかげで投資先を平等に決めることが出来ます。

(出典 東海東京証券ホームページ)