銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

企業年金とは

企業がその従業員を対象に実施する年金制度を、企業年金といいます。代表的な企業年金には、厚生年金基金、確定給付企業年金、確定拠出年金があり、企業が実情に応じて実施しています。

(出典 日本年金機構ホームページ)

 

公的年金を補完する福利厚生の一環として企業が実施する、各種の税制措置を伴う私的年金。このうち厚生年金基金、確定給付企業年金は企業型年金への制度移行が可能。

(出典 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジーホームページ)

 

企業が従業員の福利厚生の一環として自主的に設けている年金制度。国が運営する国民年金や厚生年金保険等の公的年金の補完として位置付けられる。

かつては、確定給付型の厚生年金基金と適格退職年金が企業の退職金制度の2本柱として導入されていたが、運用の低迷により積立不足等の問題が発生。適格退職年金は2012年3月末に廃止され、厚生年金基金も改革が進むなか、代わって確定給付企業年金や確定拠出年金などの新たな制度に移行している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

企業が従業員の福利厚生の一環として自主的に設けている年金制度のことです。
退職金を一括でなく、年金として分割して給付するしくみです。多くの企業では、年金として分割と、一時金としての一括受ける方法を選択できます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

企業年金とは、企業が従業員の福利厚生の一環として自主的に設けている年金制度です。国が運営している国民年金や厚生年金などの公的な年金の補助的として位置付けられています。企業年金には種類があり、厚生年金基金は給料明細をみると記載されていますし、毎年誕生月に届くねんきん定期便にも記載されています。あとは確定拠出年金があり、この年金は自分で運用商品を選ばないといけない年金制度です。このように企業年金はさまざまあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)