銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

企業年金連合会とは

企業年金連合会は、昭和42年2月に厚生年金保険法に基づき厚生年金基金の連合体として設立され、法律改正により平成17年10月に企業年金連合会に改組されました。
厚生年金基金や確定給付企業年金を退職等により脱退した人(中途脱退者)等の年金資産を引き受け、将来的な年金給付を一元的に行う年金通算事業を実施するとともに、中途脱退者の年金資産を転職先の企業年金制度や個人型DC(iDeCo)に移換するポータビリティ機能の役割を果たしています。
また、年金給付を行うための原資となる保有資産の安全かつ効率的な運用を行っています。
その他、企業年金の発展のため、内外の企業年金に関係する事項についての調査研究を行い、関係各方面に提言、要望を行うほか、会員に対する各種情報の提供、相談、助言及び役職員の研修など企業年金の健全な発展を図るために必要な支援事業を行っています。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

企業年金連合会は、1967年に厚生年金法にもとづき、厚生年金基金の連合体として設立され、その後の2005年の法改正に伴い、現在の組織になりました。厚生年金基金を10年未満で脱退した人(中途脱退者)などへの年金給付を一元的に行ったり、企業年金間の年金通算事業、年金給付の原資となる保有資産の運用を行っています。また企業年金に関する調査研究や、会員に対する各種情報提供、相談、助言なども企業年金連合会の業務です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

旧称は厚生年金基金連合会です。
厚生年金基金を短期間(通常10年未満)で脱退した人(中途脱退者)等に対する年金給付を一元的に行い、厚生年金基金・確定給付企業年金・確定拠出年金といった企業年金間の年金通算事業を行っています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

1967年に厚生年金保険法に基づき厚生年金基金の連合体として設立されたが、その後の法改正を受けて2005年に企業年金連合会となった。主な事業内容は年金給付を行うための原資になる積立金の管理及び運用、企業年金を短期間で脱退した人などの年金給付の引き継ぎといった年金通算事業、会員に対する支援など。

(出典 野村證券ホームページ)

 

昭和42年に厚生年金保険法に基づき厚生年金基金の連合体として厚生年金基金連合会が設立され、平成16年の法律改正により、平成17年10月から企業年金連合会と改称されました。具体的には、ポータビリティの拡充により、例えば、確定給付企業年金に加入していた者が転職した場合や確定給付企業年金が終了した場合に、当該年金原資を引き受けるなどの業務が追加されることになります。

 厚生年金基金を短期間(通常10年未満)で脱退した人(中途脱退者)等に対する年金給付を一元的に行い、厚生年金基金・確定給付企業年金・確定拠出年金といった企業年金間の年金通算事業を行っています。

(出典 日本年金機構ホームページ)

 

企業年金に関する調査や、企業年金間の通算事業を行う公益法人。厚生年金基金や確定給付企業年金(DB)、確定拠出年金(DC)を実施する企業が会員です。調査活動のほか、厚年基金やDBを中途脱退した人の年金原資を預かり、運用して、老後に給付する「通算事業」を運営しています。2005年10月1日に厚生年金基金連合会から改組されました。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)