銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

企業の物価見通しとは

国内企業(約1万1千社)に対し、1年後、3年後、5年後の「販売価格の見通し」および「物価全般の見通し」について調査したもの。

消費税など制度変更の影響を除いた後、段階別に表記された変動幅(%)の中から企業ごとに同社の該当水準を選択する。業種別に見通しの平均値が算出されており、企業経営者による期待インフレ率を表す指標のひとつとして、参考にされる。

企業の業況見通しが集約された日銀短観「主要(全国)企業短期経済観測調査」の一環として、2014年3月調査分から導入された。

(出典 野村證券ホームページ)

 

企業の物価見通しとは全体の企業に対して1年または3年、5年といった区分で利益を見込めるのかを調査することで国内企業全てに調査が行われます。その数値は企業の業種ごとに区分されて、その業種が今後右肩上がりになるのか下がるのかを平均的に見て分析します。これらの分析は消費税の増税などの外部的要因や制度改革を取り除いた上で考えられます。今後どういった企業がトレンドになるのかを知るための調査だといってよいです。

(出典 東海東京証券ホームページ)