銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

基軸通貨とは

基軸通貨とは、外国との貿易や資本取引などの経済取引において、その決済手段として用いられる通貨で、各国通貨の価値基準となる通貨のことを言います。基軸通貨は、通貨価値が安定していることが求められます。現在は米ドルが基軸通貨となっており、通貨の異なる国際間での決済手段や為替相場は、米ドルを用いて決定をしています。IMF体制では、金1オンス=35ドルとする固定相場制が取られましたが、1973年以降は変動為替相場制が取られています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

国際通貨制度において基軸となる通貨のこと。基軸通貨となるためには、世界中に流通し、国際間の貿易や資本取引に使用される決済通貨であることや各国通貨の価値基準となる通貨であること、通貨価値が安定していることなどが求められる。現在では米ドルを指す。

(出典 野村證券ホームページ)

 

貿易決済など国際間の金融取引の中心として取り使われる通貨のことです。金との交換を保証されていた固定相場制での米ドルは国際通貨体制で重要な役割を果たし、変動相場制に移行したあとも引き続き基軸通貨と呼ばれてきました。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

国際貿易の決済や金融取引時に基準となる特定国の通貨をさし、現在は米ドルとユーロが2大基軸通貨といわれています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)