銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

基準価額とは

日々算出される投資信託の価額のこと。投資信託に組み入れられている株式や公社債等をすべて時価評価し、公社債等の利息や株式の配当金などの収入を加えて資産総額を算出する。この資産総額から、信託報酬などの必要な費用を差し引いて純資産総額が算出するが、基準価額は、この純資産総額をその日の受益権口数で割った受益権1口当りの資産価値。

(出典 投資信託協会ホームページ)

 

基準価額とは、投資信託の値段のことで、多くは1口または1万口当たりの値段のことです。その投資信託が保有する株式や債券などの時価評価の総額に利息や配当金などの収入を加え、そこから運用コストを差し引いた金額を総口数で割って算出しています。
多くの投資信託では、基準価額は当初1万口1万円で設定され、その後の運用結果により変動します。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

投資信託の単位口数(通常1万口)あたりの純資産総額。信託財産が組み入れている株式や債券を時価評価して求めた資産から未払換金代金、未払い運用管理費用(信託報酬)を引いた純資産総額を、受益権総口数(投資信託を保有している全受益者の保有口数)で除したもので、1日1回算出しています。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

投資信託の値段(時価)のこと。
純資産総額を受益権総口数で除して求められ、運用会社が毎営業日、1日1回計算しており、新聞などにも一部掲載されている。
投資信託に組み入れられている株式や公社債等をすべて時価評価し資産総額を算出し、この資産総額から信託報酬などの費用・未払金などの負債総額を差し引いて純資産総額を算出する。

(出典 アセットマネジメントOneホームページ)

 

投資信託の値段のこと。株価など刻一刻と変化する市場「価格」に対し、投資信託の値段は1日1回の評価額として基準「価額」と定義されているが、新聞などでは「基準価格」と表記されることもある。

投資信託に組み入れられた資産の時価評価額である「純資産総額」を「受益権口数」で割った単位口数あたりの時価評価額となる。投資信託の委託会社は原則、投資対象資産の純資産価値を毎営業日評価し、1日1回基準価額を算出している。

基準価額の算出時には、信託報酬分が差し引かれ、申込時や解約時の手数料は考慮されない。また解約価額は、基準価額から信託財産留保額(なしの場合もある)が差し引かれる形で算出される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

投資信託の値段のこと。投資信託は時価評価に基づき日々資産計算をしており、基準価額は日々変動する。基準価額=(総資産額−総負債額(経費等))÷投資家の保有総口数国内株式市場の値上がりによって、日本株ファンドの基準価額は上昇傾向をたどった。基準価額が1万円の投資信託と2万円の投資信託のどちらが買いやすいかというと、2万円まで値上がりした投資信託の方が買いにくいと考える傾向がありますが、基本的に投資信託の基準価額は、その水準の高低で割高、割安の判別はできません。基準価額は1口あたり純資産総額のことであり、それは投資信託に組み入れられている資産の時価総額を表しているにすぎません。仮に基準価額が2万円でも、投資信託に組み入れられている株式が割安銘柄ばかりであれば、投資信託の資産価値が割高とはいえず、したがって基準価額の高低は、割高、割安の判断基準にはなりません。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

投資信託の時価のこと。多くの投資信託は1日1回、投資信託が投資している株式や債券などの値段に基づき、1万口あたりの値段を計算して発表します。海外の株式などに投資している投資信託の基準価額は、通常翌営業日にならないと判明しませんし、ヘッジファンドのように基準価額の計算により長い時間がかかるものもあります。

(出典 新生銀行ホームページ)

 

投資信託は、株式や債券など値動きのある証券等に投資しますので、投資信託の時価も日々変動します。基準価額とは、投資信託の価格のことで、投資信託の時価総額(=純資産総額)を受益権の総口数で除して求め、通常10,000口当たりで表示されます。基準価額は毎日算出され、弊社ホームページでは算出当日の概ね19時頃、また翌日の日本経済新聞朝刊に掲載されます。

(出典 明治安田アセットマネジメントホームページ)

 

単位口数当り(※1)のファンドの時価を表しており、ご購入またはご換金の際の基準となる価額(※2)です。
ファンドに組み入れられている資産(株式や債券、リート等)は、営業日毎に時価で評価されています。組入資産を時価評価し、配当金や利子を加え、市場での売買手数料などかかった経費を差し引いて算出された、その日のファンドの価値が、純資産総額です。その純資産総額(ファンドの時価)を、その日の口数で割った値が基準価額です。
投資信託委託会社が毎営業日算出し公表しています。

※1:1口=1円でスタートしたファンドの基準価額は、1万口当たりで公表されます。

※2:信託報酬が既に控除された後の価額ですが、販売手数料や信託財産留保額は基準価額には反映されていません。投資家が損益を計算する際にはそれらの費用のほか、税金等も考慮して計算する必要があります。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)