銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

規制金利とは

規制金利とは政府や日本銀行が、法律に基づいて規制している金利のことです。規制金利の代表としては公定歩合があり、お金に関わる多くの金利の中で水準を規制されている物となっています。又、貯金や預金なども同等の意味で使用されており、殆ど全てが規制金利となっています。これは金融自由化がされる前の話しですが、低金利状態にするとして反対の意見などの批判もありますが、経済の成長には欠かせないとも言われていて、低コストとして認められている部分もあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

財務省や日本銀行などの政府が、法律に基づいて決定している金利のことを指します。
代表的な規制金利に公定歩合があります。公定歩合とは日本銀行が一般の銀行へお金を貸し出すときの金利です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

政府や中央銀行などが、法律に基づいて規制している金利のこと。一方で、自由金利は、市場の需給関係で決定される金利のことをいう。

(出典 野村證券ホームページ)