銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

規制銘柄とは

規制銘柄とは、証券取引所が信用取引に関する規制措置を行っている銘柄を指します。信用取引において売買が過度に投機的になることを防止するため、取引所では一定の基準を設けて規制を行います。具体的な規制手段は、保証金率の引き上げや新規取引の制限、停止などです。規制銘柄になっても、取引が正常化されれば規制は解除されます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

証券取引所が信用取引に関する規制措置を実施した銘柄。信用取引が過熱した場合、抑制を目的として委託保証金率の引き上げや代用有価証券の使用制限などが行われる。

また、証券取引所は、こうした信用取引の過度な利用を未然に防止するために一定の基準に達した銘柄については日々公表銘柄の指定を行い、信用取引残高を毎日公表している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ある銘柄に対して取引が過熱し信用取引の利用が多すぎるとされた場合、証券取引所が取引を規制する場合があり、その規制された銘柄のことを規制銘柄と呼びます。取引の抑制を目的としているため、代用有価証券の使用制限や委託保証金率の引き上げなどが行われています。また、規制された場合、証券会社は投資家に対してこの銘柄の信用取引を勧めることを自粛しなければなりません。このような規制を未然に防ぐために、証券取引所は一定基準に達した銘柄の信用取引の残高を日々公表しています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

取引所から信用取引に関する規制措置を受けた銘柄。日々公表銘柄に指定後も信用取引が過熱した際に、委託保証金率の引き上げや代用有価証券の担保掛け目の引き下げなどを状況に応じて実施、取引の沈静化を図ります。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

証券取引所が内部で決めている信用取引の規制基準のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)