銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

季節調整値とは

季節調整値とは夏季や冬季といった季節による違いによって商品の売れ筋に違いが出る事や祝日やうるう年の関係で営業日数が異なるといった経済的統計値に影響を与える時期や期間や時間を要因として考えられる時間的要因の一つである季節的要因から経済統計値が連続した値を除いた値の事を指します。この調整値を使う事によってどのような事が可能なるかと言えば季節によって変動する業界を見る時に平均的にどのような成績を出しているのかを判断する事が可能になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

夏季と冬季で商品の売れ筋に違いがある、祝日やうるう年の関係で月によって営業日数が異なるなど、経済統計値の変動に影響する時期的要因を季節要因というが、季節要因による経済統計値の不連続性を除いた値を指す。日本の行政機関が発表する経済統計値の多くは原数値と季節調整値が共に公表され、季節調整には米国商務省センサス局が開発したセンサス局法に基づく調整手法が採用されている。

季節調整値は特に月ごとや四半期ごとの変動をみる場合に用いられる。経済産業省が毎月公表している鉱工業生産指数を例にとると、前月比は季節調整済指数で比較される一方、前年同月比は原指数を基にして分析するのが一般に行われている。

(出典 野村證券ホームページ)