銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

期近限月とは

株価指数、金利、商品などの先物・オプション取引の限月取引において、異なる2つ以上の限月取引のうち、
取引最終日が相対的に早く到来する限月、あるいは限月取引のことをいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

期近限月(きぢかげんけつ)とは、先物取引・オプション取引の限月取引での、2つ以上の異なる限月取引から、早く最終取引日となる限月・限月取引のことを指す用語です。先物・オプション取引の場合、一般的には限月という決済の期限がありますが、その期限の近いものを期近といい、反対に期限の遠いものは期先と言います。最も決済限月が近いものは当限や当月限と呼ばれることもあります。通常、取引量が最も多くなるのは直近の限月です。

(出典 東海東京証券ホームページ)